読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもマイナーチェンジ!

普段の生活をほんの少しだけ便利で楽しくする情報を

格安SIMの基礎知識(2)SIMフリー端末のメリット・デメリット

MVNO スマホ運用-SIMフリー端末 スマホ運用 IT通信 IT通信-スマホ端末

SIMフリー端末っていうものがあります。

名前は聞いたことがあったのですが、興味が出てきたのは最近になってからです。

その理由も含めて書いていきます。

 

f:id:mayoi_inu:20141011220109j:plain

今までは興味すらなかった

僕は今、ソフトバンクのiphone5を使っています。

なのでもちろんSIMロックされていて、ソフトバンク回線しか使用できないiphoneです。

今までは、この事に対してそれほど疑問も持たずにそういうものだと思って使っていました。ですが、先日発売されたiphone6、iphone6 plusはキャリア販売の他に、AppleストアでSIMフリー版も同時発売されています。

SIMフリー版という点では、去年の11月からAppleオンラインストアでSIMフリーのiphone5sの販売が開始されていたのですが、その時はまだ2年縛り真っ最中だったので機種変更をするつもりはなく、そのためSIMフリー版と聞いても特に調べもしていませんでした。

ですが、今回は機種変更するつもり満々だったので、いろいろ調べていると、とってもお得な選択だということが分かったのです。

 

SIMフリー端末のメリット

では、SIMフリーにすると何がどうなるんでしょう。

SIMが自由に入れ替えられるということは、逆に言うと、端末が自由が入れ替えられるんです。

具体的には、例えば、iphoneは毎年秋に新作が発表されます。

Apple好きの人ならば、毎年この時期には新機種に変えるかどうか悩むと思います。

でも、多くの人は2年ごとに機種変更なりMNPなりをして、契約の見直しをかけるわけです。

何故なら、キャリアの2年契約があるので、2年以内に解約すると違約金が1万円くらい取られるのと、毎月割り引かれている端末代金分の値引きがなくなるからです。

僕の場合は毎月1,982円割引があったので、1年で機種変更してしまうと2万円以上の割引が受けられなくなってしまいます。MNPしたとしても違約金とチョンチョンくらいです。

ですが、端末がSIMフリーの場合はこういうことを一切考えなくてもいいんです。

端末を買ってきて、今使っているSIMカードをそれに挿せばいいだけです。

古い端末は売却するなり、Wi-Fi専用機にするなりすればいいのです。

キャリアから端末を買おうとすると通信契約もセットでしなければいけません。

でも、SIMフリー端末なら、パソコンと同じように家電量販店やネット通販で購入すれば良いのです。

こういう事を気にしなくてよくなるというのは、自由度が全然違いますよ。

そして何より、僕がこの「2年縛り」という仕組みは納得いかないんですよね。

最初の2年だけ縛られるならまだ分かるのですよ。端末代を割り引くから、そのかわり2年間は契約してね、ということですから納得できます。

でも、その後、違約金が発生しない期間が1ヵ月のみで、また2年間契約しなければならない理由が分かりません。これは結局、「どうせまた2年契約になるくらなら、新しい機種に変えるか」と思わせることで、最新端末を売ろうとしているようにしか見えません。僕はこれが『上手い商売』にはどうにも思えないんです。『汚いやり方』にしか見えない。

こういう事も含めて、2年縛りから抜け出したいと思ってしまうのです。

 

SIMフリー端末のデメリット

2年縛りに囚われる必要はないのですが、SIMフリー端末は、どの端末でもあるわけではありません。

現在、メジャーなところのSIMフリー端末は「Appleのiphone」と「gooleのnexus5」あたりです。

海外で販売されいる端末を購入できる通販サイトもありますが、日本仕様ではないので、受信できる周波数帯が違ったり、おサイフケータイが使えなかったりといろいろ注意しなければならない点があることを考えれば、少し敷居が高いですね。

また、白ロムと言われる中古端末を買うという選択肢もありますが、まだまだメジャーな方法とまでは言えないので、トラブルも含めて、これまた少し敷居が高いです。

このへんの国際版や白ロムの話は、また別の機会に記事にしたいと思います。

ともあれ、選べる機種に制限があるため、ほしい機種が決まっている人にはデメリットになると思います。

 

また、端末購入の際には一括で支払う必要があります。

キャリア契約の場合は、2年間の分割で支払うという選択ができるので、手持ちが少なくてもその場で最新機種を手にすることができます。

最新の機種であれば7〜10万円くらいしますので、それなりの金額ですしね。

でも、どちらにしても払わなければならない金額なわけで、支払う額も変わるわけではないことを考えると、それほど大きなデメリットでもない気はします。

 

まとめ

今回は、SIMフリー端末の特徴をまとめてみました。

メリットは、2年縛りがなくなること。

デメリットは、①まだあまり端末の種類を選べない、②端末は原則、一括購入しなければならない、こと。

この他にもまだ特徴がありますので、次回以降で書いこうと思います。