読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもマイナーチェンジ!

普段の生活をほんの少しだけ便利で楽しくする情報を

ソフトバンクがホワイトプランの継続を発表! でもやっぱり言いたいのは。

IT通信 IT通信-話題

11/30で終了予定であったホワイトプランですが、期限未定の延長となったようです。

ドコモの一人負け状態を見ると、さすがに廃止できなかったようですね。

 

f:id:mayoi_inu:20141127215232p:plain

 

まずは状況の整理を

少し前に、大手3キャリアが「電話し放題」プランをそれぞれ打ち出してきました。

具体的には、ソフトバンクは月額2,700円で電話がし放題になる「通話し放題プラン」というサービスです。

それに対して、これまではホワイトプランという通話プランが提供されており、こちらは月額934円で、ソフトバンク同士なら1:00〜21:00まで通話無料という特徴がありました。

電話をそれほど利用しない人であれば、電話代は月に数百円程度で収まる場合も多いわけで、そういう人は前述した通話し放題2,700円なんて全く必要がないのです。

ですが、これまでは、このホワイトプランが11/30で新規申し込みができなくなると言われていました。

つまり、電話のプランは月額2,700円の「電話し放題プラン」しか選択できなくなり、実質的な値上げだ、と騒がれていたのです。

 

今回発表があったのは、

「11/30で受付終了予定であったホワイトプラン等を、12月以降も継続します。」

ということです。

参考リンク: ソフトバンク公式HP

 

そりゃあ、ドコモの惨状を見たら

それに対して、ドコモではすでに電話のプランは月額2,700円の「カケホーダイ」しか選べない状態です。

この決定の影響で、ドコモは2014年9月中間連結決算で減収減益となっています。

「au」、ソフトバンクが増益している中で、一人負け状態です。

そりゃそうですよ。

このプランが出て喜ぶのは、ごく一部のヘビーユーザーのみです。

そういう人たちは、すぐにこのプランに移ったでしょう。

そして、逆に、このことで実質値上げと感じてしまう人は、他社へ移ることを考えたでしょう。

ドコモからしてみれば、たくさん通話料を払ってくれていたお得意様からの徴収が減り、さらに契約者まで減ってしまったという散々な状態ということです。

そんな惨状を目前で見ているわけですから、ソフトバンクとしても追随できるわけがありませんよね。

 

というよりも、キャリア契約はもうやめたほうがいい

とりあえず、通話し放題一択ということは避けられたようですが、そもそも毎月1万円近く払ってスマホを使うことなんてないんですよ。

このブログでは常々言っていることなのですが、格安SIMなら毎月2,000円くらいで運用できてしまいますので。

端末代がそれに加算されることにはなるので、どの機種を選ぶかによって、どのくらい安くなるかは違いますけれどもね。

おおよその金額でいうと、2年利用で考えた場合、iPhoneなら月4,000円、Nexus5なら月2,000円、ZenFone5なら月1,200円くらいでしょうかね。

よく、2年縛りが終わってから、次はMVNOにするという声も聞こえてくるのですが、そんなの今すぐ変えたほうがいいですよ。

ちょっと計算してみて下さい。

違約金や端末代の割引を差し引いても、すぐ変えたほうが得なことのほうが多いですよ。

そのあたりの簡単な計算は、以前の記事に少しだけ書いているので、興味のある方はどうぞ。

【格安SIM】現在ドコモと契約している方への提案! 少ないリスクで格安SIMを試せるぞ! - いつもマイナーチェンジ!

 

あとがき

“まよい犬

ともあれ、この流れでいくと、ドコモも以前のプランを復活させるしかなくなるのではないでしょうか。

2015年5月からはSIMロック解除の義務化もはじまり、扱っている端末の優位性はなくなるわけですから、提供プランの充実は更に重要になってくるように思えます。

5月まで、あと5ヶ月。

大手キャリアも、新たな手を打ってくるでしょうか。

実は、それはそれで楽しみではあったりするのですよね。

 

関連する記事