読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもマイナーチェンジ!

普段の生活をほんの少しだけ便利で楽しくする情報を

「Karabiner」を使えば、US配列での「かな入力切替」をボタン1つに変更できる事を昨日知った。

Mac IT通信 IT通信-Mac

f:id:mayoi_inu:20141215193946p:plain

かな入力への切り替えは「Shift + control + J」。

ずっとそう思ってました。

JIS配列キーボードなら、ボタンひとつでできる事が、3つも押さなければならない。

「command + space」でもできますが、これはいちいち選択しなければならないので面倒くさい。

なので、もっぱら「Shift + control + J」だったのですが。

そんな理不尽なコマンド入力をする必要なんてなかったわけです。

 

「Karabiner」とは

キーボードをカスタマイズできるアプリです。

とても有名なアプリなので、知っている人からしたら「なにをいまさら」というレベルなのでしょうが、有名なだけに本当に便利なんですよね。

参考リンク: Karabiner

インストール方法は公式HPにありますので、省略します。

とりあえず、僕が設定したのはひとつだけ。

かな入力を右commandボタン、英数入力を左commandボタン、で切り替えられる機能。

これを設定してしまえば、入力切替がJIS配列キーボードの操作性と同じにできてしまいます。

いやぁ、とても便利です。

今までの3つ押しは一体なんだったんだ、というレベルです。

これだけのためにインストールしてもいいというアプリですね。

 

設定方法

設定は、いたって簡単です。

f:id:mayoi_inu:20141215182946p:plain

「Karabiner」を開いたら、下の方にスクロールしていくと、「for jananese」と表示されている箇所がありますので、そこをクリック。

 

f:id:mayoi_inu:20141215183106p:plain

ここのチェックを付けるだけ。

これだけ。

 

そもそも、なぜUS配列キーボードを買ったのか

僕が使っているキーボードは、ロジクールのワイヤレスソーラーキーボード「k760」です。

もともとずっとWindowsユーザーだった僕ですが、もともと中古で購入したPCもだんだん速度に不満が出てくるようになり、買い替えようと思い立ちました。

そして、スマホがずっとiPhoneなものですから「連携を考えたら母艦もApple製品のほうがいいかな。」という短絡的な考えで Mac Mini を購入したのです。

そんな軽い気持ちで決めたので、端末を選ぶのもそれほど検討しないまま決めてしまいました。

Mac Miniなら、もともとあるWindows用のディスプレイとキーボードがそのまま使えるらしい。

よし、じゃあ、Mac Mini だ!くらいな感じ。

そして、繋いで使ってみたところ、どうやらMacでは、Windows用キーボードとはキーが違う。

使えないことはないけど、使いにくい。

しょうがない、買うか、と。

ちょっと調べたら、純正のキーボードよりも、同じような値段のロジクールのほうがソーラー電池な上にコンパクトで使いやすいらしい。

じゃあ、これだ、と。

そんなくらいで、「k760」に決めてしまいました。

この時点では、それがUS配列だなんて知りもしないわけでして、なんの疑いもなく購入したのです。

つまり、「よく知らないまま買ったら、それがUS配列だった。」ということでした。

 

あとがき

“まよい犬

そんなことで、よく知らないまま買ったUS配列キーボードですが、なんだかんだでそれなりに使えています。

しかも、一番のネックだった「かな入力変換」も、今回で解決しました。

買った当初は覚えることが多すぎて気づけなかったものでも、時間が経って余裕ができてからまた調べれば、新しい発見があるものですね。

というよりも、Macにも慣れてきたこれからが、いろいろ覚える本番になるかもしれないです。

今日はここまで。