読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもマイナーチェンジ!

普段の生活をほんの少しだけ便利で楽しくする情報を

通信量節約アプリ『Opera Max』は、IIJmioでは使えない?

Android Android-アプリ IT通信 IT通信-Android

先日の記事のあとがきでも一言だけ触れた、通信量節約アプリ「Opera Max」。

こちらはブラウザではなく、スマホの通信全体に対して通信量節約ができてしまうというもの凄いアプリです。

Feedlyだろうが、はてなブックマークだろうが、すべての通信量を抑えることができます。

Androidアプリのため、iPhoneでは使えませんが、まずは手持ちのXperia にインストールしてみました。

 

f:id:mayoi_inu:20150210185131j:plain

 

Opera Max - データマネージャ
制作: Opera Software ASA
価格: 無料
平均評価: 4.1(合計 20,674 件)
posted by: AndroidHTML v2.3

 

インストールしてみた

インストールして起動すると、こんな画面がでてきます。

f:id:mayoi_inu:20150208101421j:plain

 
説明画面が表示されるので、スワイプして見ていきます。

f:id:mayoi_inu:20150208101431j:plain

 
VPN接続の承認が求められますので、チェックを付けてOKボタンを押します。

f:id:mayoi_inu:20150208101513j:plain

 
すると、メイン画面が表示されます。

と、ここで画面には以下のメッセージが表示されています。
「現在Wi-Fiに接続しています。データ圧縮は一時停止中です。」との事。

どうやらWi-Fi接続していると動作しない様子。

なので、Wi-Fi をOFFにしてみると画面が進みました。

 

f:id:mayoi_inu:20150208101849j:plain

またまたメッセージが。
「Android4.4(KitKat)のバグにより、VPNはIPv6との互換性がありません。IPv4に切り替えるまで、Opera Maxによるデータの圧縮、トラック、管理を確実に実行することができません。」との事。

とにかく、IPv4にしなければならないようなので、「設定に移動」をタップして、APN設定を変更しようとしてみました。

ですが、僕の利用している「IIJmio」のAPN設定では、APNプロトコルの設定変更ができません。

表示は一応は「IPv4」とはなっているのですが・・・。

IIJmioの公式HPを確認して行ってみると、こんな事が書いてありました。

IIJmio高速モバイル/Dサービスにおいて、IPv6アドレスを動的に割り当て、IPv4/IPv6デュアルスタックによるIPv6ネットワークへの接続環境を提供いたします。

参考リンク: 高速モバイル/DのIPv6について - IIJmio公式HP

 
つまり、表示上はIPv4だけれども、IPv6での接続できる環境ということ?

対応端末を見ても、僕の端末である「Xperia Z3 Compact」は載っていなかったのですが、そういう問題でもなさそうですね。

IPv4のみで接続できるようなAPN設定とかないのですかね。探してみたのですが、公式HP上からはAPN設定はひとつしか見当たらないし・・・うーん。

これは無理って事なのかなぁ。

別のサイトでは、格安SIMで使えてる記事も見かけたので、MVNOによるんでしょうね。

しばらくいろいろやっていたのですが、うまくいかないので、とりあえずは保留しておくことにします。

うーん、残念。

 
★2015.2.11追記
こんなツイートを頂きました。
ロリポップになったら再挑戦してみようと思います!

 

あとがき

“まよい犬

僕は使えませんでしたが、もし使える環境ならばとても画期的なアプリです。

Chromeでの動作と同様に、Operaサーバー経由のアクセスにはなりますけれどもね。

それと、先日の記事でいただいたコメントを見ると、Operaでは随分前からこういう節約機能が提供されていたようですね。

コメントして頂いた方、情報提供ありがとうございます。

Opera Mini というブラウザでも、節約機能が使えるようなので、別の機会に触ってみようとも思っています。

とりあえず、今日のところはここまで。

こんな記事も書いています