読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもマイナーチェンジ!

普段の生活をほんの少しだけ便利で楽しくする情報を

QUICPayコインの使い方について、もう少し考えてみました。

各種サービス 各種サービス-電子マネー IT通信 IT通信-話題

昨日の続きです。

使い方次第では便利に使えそうな「QUICPayコイン」。

でも、具体的にはまだどう使おうかイメージできていないんです。

今日はもう少し細かく考えてみました。

 
f:id:mayoi_inu:20150331205052j:plain

 
参考リンク:
JCB企業情報サイト ニュースリリース - JCB、「QUICPayコイン」の発行を開始

 

理想は取り出す必要すらないこと

理想形を先に言ってしまうと、AppleWatchでApplePayを利用する感じ。

腕時計をかざせば支払いができちゃう。

これなら、何かを取り出す必要はないです。

スマホに時計がついているのに、腕時計をしている理由ってコレにつきるんです。アクセサリとしてつけている人もいるかもしれませんが、僕の場合は「正確な時間をパッと知りたい」という一点のためにつけてます。

取り出さなくても、「何時かな?」と思った瞬間に時間が分かる、というのが重要。だから、みんな腕時計をしてるわけです。

それと同じで、財布やスマホをいちいち取り出さなくても支払いができるのは、慣れれば戻れなくなるくらい便利だと思うんですよね。極端な話、すべての支払いがQUICPayひとつでできちゃえば、財布に現金を入れて持ち歩く必要すらない。

そのうち、スマートウォッチに標準搭載される機能ではあると思うのですが、普及するにはまだ時間がかかりそう。それまでの繋ぎとして、この「QUICPayコイン」をうまく使えないか、と思うわけです。

でも、ひとつ言いたいのは、腕時計型バンドはしたくない!ということ。

腕時計を常に身に付けているのは、時計としての機能があるからです。QUICPayは便利だけども、時計のように一日に何度も使うわけじゃないので、常に身に付けたいとまでは思わない。

これ、結構重要です。

それをふまえて、別の方法を模索してみます。

 

まずは

リストバンド型の小銭入れは入れて使ったらどうだろうと思い、いろいろ調べてみました。

ジョギングなどに最適!秘密のポケットが付いたリストバンド : PocketBands | Like!+1 KickStarter

【楽天市場】健康は足腰から! フット・アイテム > 手元の小銭でいつでも水分補給を! 小銭入れ付リストバンド:環境生活派ストアー

レザーブレスレット(The Jog Bracelet)|個性的ハンドメイドレザーブランド│KING OF LEATHER

 
うーん、どれも「これじゃない感」が漂います。

これなら、公式で用意されてる腕時計型バンドで十分です。

僕のイメージとしては、腕時計にくっつけられるような感じ。

ウォッチバンドカレンダーって知ってますか?

百聞は一見にしかず、なのでこちらをご覧ください。

 
リンク先に使い方が書いていますが、つまりは、左右を折り返して、時計のバンドにくっつけるんですね。

この要領で、なんとかしてバンドにくっつけたい。

もしくは、文字盤の裏にくっつけられれば、という感じ。

そうすれば、時計を変えても使えるし、なによりスマホと違ってバッテリーを気にする必要もない。

でも、これをしようと思うと、気になるのは厚さと大きさ。

やっぱり実物を見ながらじゃないと、いまいちイメージにしにくいですね。

うーん。

今のところの構想としては・・・・

 

①腕時計の文字盤の裏部分に両面テープで張り付けてみる

直接だとベタつくかもしれないので、100均のカードケースを、コイン用にカットして貼り付けようかな。

更に問題は、カードリーダーが読み取ってくれるかどうか。

時計の厚みもありますのでね。

でも、固定のしかたが上手くいきさえすれば、一番現実的なように思えます。

 

②バンド部分になんとかしてくくりつける。

文字盤の裏がダメだったら、リーダーに読み取りやすいようにするしかありません。

でも、これは実用的に厳しいかなぁ。

くくりつける方法もさることながら、コイン自体が時計の文字盤くらいの大きさなので、かなり邪魔になりそう。

しかも、ホルダは自分で作るしかなさそうですね。

イメージはこんな感じ。

TEE-CRAFTワンコインホルダー大量製造中。お酒のネームタグもあります♪ - 写真共有サイト「フォト蔵」

革製ならそれっぽく作れそうだし、腕時計のバンドにとめるよな細工もできそうです。

革一枚くらいなら、リーダーでも読み取ってくれそうにですしね。

どの程度まで読み取れるか、事前にカードでやっておこうかな。

 

③小さくカットして、くくりつける。

そのままで邪魔な大きさであれば、最終手段として、周りをカットしてみようと思っています。

ただ、これはかなり危険を伴います。

もしかすると、使えなくなるかもしれません。

なので、やるにしても、万策尽きてしまった時。

「これだったらクレジットカード一体型でいいや〜。」という状況であれば、最終手段としてやってみようと思ってます。

 

あとがき

“まよい犬

いろいろ考えていると、ちょっと楽しくなってきました。

でも、問題はコインをどう固定するか、なんですよね。

このへんはあまり得意ではないのですが、なんとか自作してみるしかないのが辛いところ。

まぁ、まずはやってみることにします。

というところで、今日はここまで。

こんな記事も書いています