読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもマイナーチェンジ!

普段の生活をほんの少しだけ便利で楽しくする情報を

Apple Watchを購入するかどうか迷っている方へ言いたいこと

Apple Watch

先日、お目当ての「Apple Watch Sport」が予約注文できなかったわけですが。

でも、やっぱり世間は Apple Watchの話題で賑わってますよね。

そんなこともあって、Apple Online Storeを眺めていたのですが、通常のApple Watchのほうには、まだ「出荷予定 4/24 - 5/8」のものがちらほらあったんですね。(2015年4月11日時点)

でも、当然ながら Sportよりも高い。

しかも、ちょっとという額ではなく、3万円くらい高いんです。

さすがにこの値段はちょっとキツイです。

なぜキツイのか、そのへんをちょっと整理しておきます。

 
f:id:mayoi_inu:20150412232534j:plain

 

価格差、じつに3万円

僕が狙っていた「Apple Watch Sport スペースグレイ 42mm」は、税込52,704円。

それに対して、「出荷予定 4/24 - 5/8」のモデルである「Apple Watch 38mm」は、税込84,024円。

その価格差、31,320円。

結構違いますね。

いや、だからこそ Sportにしようと思ったわけですね。

Apple製品だということを考慮しても、やっぱり出せる金額って5万円くらいまでです。

 

8万円あれば、それなりの腕時計が買える

高級ブランドのものは買えないまでも、CITIZEN、CASIO、あたりの電波ソーラー時計なら、それなりの質感があるものを買える価格です。

電波ソーラー時計ってほんと便利で、電池交換がいらないことに加えて、常に自動で時間を「秒単位で正確」に合わせてくれますから「ノーメンテナンス」で良いわけです。

これって時計としての機能は、ほぼ完璧といえます。

しかも、そういう腕時計は、一度買えば10年は使えます。

 
それに対して、Apple Watchは一体何年使えるでしょうか。

今年中に次のバージョンが出るなんて噂もあるくらいで、毎年モデルチェンジするかもしれません。

スマートフォンのように何でもできる携帯端末であれば、2年に一度くらいペースでのスペックアップは「有り」だと思うのです。

でも、8万円もする腕時計を2年で変えたりするでしょうか。

少なくとも、今までの感覚からいえば有り得ません。

しかも、できることは未知数。

言われているのは、SMSなどを素早く確認したり、さっと電話を受けたり、活動量計として使えたり、等の機能があります。

でも、どう考えてもあくまで「iPhoneありき」のデバイスであり、それ単体で便利に使えるものには思えません。

 

Android Wearなら、3万円台

スマートウォッチは、もちろんApple Watchだけじゃありません。

すでにAndroid Wearを搭載したスマートウォッチが多数販売されています。

 

 
しかも、おおよそ3万円台前半という価格帯です。

機能的には、おそらくほとんど変わらないはず。

Android端末も持っている人間からすれば、Apple Watchにこだわらなくても、こういった製品で十分なわけです。

そして、「Huawei Watch」や「Moto 360の後継機」も控えていますので、Andorid Wearはこれから更に賑わってくるはずです。

更には、こういう情報もあったりします。

 
あえて今、Apple Watchを選択することもないんです。

 

最後に

冒頭で書いたとおり、僕は先日、Apple Watch Sport を予約しそこないました。

予約注文が始まった4/10、僕が Apple Online Storeを見たときには、Apple Watch Sport は全て「出荷予定日 6月」となってしまっていました。

そして、その翌日、「出荷予定日 4/24 - 5/8」となっている通常のApple Watchを発見した時、やっぱりほしいと思ってしまいました。

その時に冷静になって考えたことをいろいろ書いてみたわけです。

たぶん、iPhoneユーザーの中には、まだどうするか悩んでいる方もいるかと思います。

これらの事が、少しでもそういう方々の参考になれば幸いです。

あ、それと、

最後にひとつ連絡があります。

 
f:id:mayoi_inu:20150413174958j:plain

 
我慢できませんでした!

 

あとがき

“まよい犬

理屈なんてどうでもいいのです!

予算オーバーだろうと、ワクワクする事にお金を使う。

それでいいのだ!

こんな記事も書いています