読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもマイナーチェンジ!

普段の生活をほんの少しだけ便利で楽しくする情報を

Apple WatchのSiriさんは、ちょっとツレない

Apple Watch IT通信 IT通信-AppleWatch

Apple Watchを使い始めて7日目。

もう1週間も使ってるのですね、早いものです。

さて、Apple Watchならではの使い方を考えた時、iPhoneとの違いってなんでしょう。

僕が思うに、Apple Watchの一番の利点は「常に剥き出しで身につけていること」だと思うんですね。

iPhoneはポケットに入れたり、カバンに入れたりしているので、使おうと思ったら「取り出す」という動作が必要です。

でも、Apple Watchは使おうと思った瞬間に使えるんです。

この特徴を活かすひとつとして、今回は「音声入力」にスポットを当ててみました。

さて、ちょっと使ってみましょう。

 
f:id:mayoi_inu:20150430211351j:plain

 

音声入力と言えば「Siri」

ですよね。

Apple Watchでは、iPhone同様、「Siri」を呼び出すには2通りの方法があります。
①デジタルクラウンを長押しする。
②画面が表示された状態で、「Hey! Siri」と言う。

でも、①の長押しじゃあ、操作が必要なので便利ガジェット感が薄くなります。

ここはなんとしても②の方法で使いこなしたいところです。

 

Siri を呼んでみる

さて、では早速やってみます。

まずは、時計を見る動作をして、画面を表示させます。

f:id:mayoi_inu:20150430194352j:plain

この状態で呼ぶわけですね。

「Hey! Siri」

 
f:id:mayoi_inu:20150430194440j:plain

シーーーーーーーーン

あれ? 何も反応せずに画面が暗くなっちゃいました。
では、もう1回。

 
f:id:mayoi_inu:20150430194352j:plain

画面を出して・・・

「Hey! Siri」

 
 
f:id:mayoi_inu:20150430194440j:plain

あれ〜?
全然反応してくれません。
声が小さいのかな?

もう1回。

 
f:id:mayoi_inu:20150430194352j:plain

よし、ちょっと大きめの声で・・・

「Hey! Siri」

 
 
ポポン!

f:id:mayoi_inu:20150430211951j:plain

いや、おめーじゃねーよ。

結構遠くに置いてあったのに、iPhone反応良すぎ。

そうか、どっちも同じ名前なんですね。
とりあえず、iPhoneのほうはOFFにしておかねばなりますまい。
にしても、Apple WatichのSiriさんは全然反応してくれませんね。
設定はちゃんとONにしてるんですけれども。

 

マイクの位置を確認

ここで一応、Apple Watchのマイクの場所を確認してみます。

 
f:id:mayoi_inu:20150430195651j:plain

こんな感じですね。
公式の説明は見当たらなかったのですが、iPhoneのマイクとスピーカーから予想すると、たぶん丸くてちっこいのがマイクのはずです。
では、このマイクに口を近づけてやってみます。

「Hey! Siri」

 
f:id:mayoi_inu:20150430195847j:plain

お、ようやく反応してくれました。
結構近づけて喋らないと認識してくれない感じですね。
しかも、反応してくれても、すぐに喋らないと受け付けてくれません。
マイクをタップすれば音声入力モードになりますが、ここは意地でも声だけでやってみます。

 

いろいろ話しかけてみた

「Hey! Siri」

 
f:id:mayoi_inu:20150430201434j:plain

「ヘイ!シリ!」を「えじり」と聞き取った様子。
うーん、さっきからあまりちゃんと聞き取ってくれないですね。 なんすか、えじりって。

じゃあ、

「おしり!」

 
f:id:mayoi_inu:20150430195954j:plain

これは聞こえるのかよ。

次、

「おけつ!」

 
f:id:mayoi_inu:20150430200701j:plain

なんでそうなる。
うーん、Apple WatchのSiriさんはあまり耳が良くないかも。
せっかくなので、いろいろやってみましょう。

「おしり!」

 
f:id:mayoi_inu:20150430200559j:plain

おしい!

次、

「割れ目!」

 
f:id:mayoi_inu:20150430202549j:plain

おめーじゃねーよ。

次、

「おぱんつ」

 
f:id:mayoi_inu:20150430202709j:plain

またまたー。

次、

「ぱんつ!」

f:id:mayoi_inu:20150430202752j:plain

マジレスですか。

次、

「バイブをOFFにして」

 
f:id:mayoi_inu:20150430203348j:plain

え、これはできないのか。

次、

「バイブOFF!」

 
f:id:mayoi_inu:20150430203410j:plain

BOOKOFFの親戚か!

次、

「通知OFF!」

 
f:id:mayoi_inu:20150430203452j:plain

これもダメですか。

次、

「振動をOFFにして」

 
f:id:mayoi_inu:20150430203535j:plain

やっぱりダメですか。

次、

「通知の振動をOFFにして」

 
f:id:mayoi_inu:20150430203607j:plain

そんな神動画、見てみたいわ。

震動→神動→神動画、って意味変わってないすか。

 

やってみた感想

半分ふざけながらも、いろいろ話しかけてみた結果、Apple WatchのSiriさんは耳が遠いですね。

感覚的には、まず「Hey! Siri」を認識してくれるのは2回に1回くらいのイメージ。

更には、画面が表示されてから音声を受け付ける時間も短いようで、表示後数秒経ってから呼んでも、ほとんど反応してくれません。

このへんは、スマホと違って電話としての用途が重視されていないので、マイク性能が良くないのかもしれませんね。

あと、最初のほうにありましたが、iPhoneのSiriも名前が一緒なので、両方近くにある状態で「Hey! Siri」というと両方反応しちゃいます。

呼びかけによる起動をOFFにしておけばいいと言えばいいのですが、どうせなら別の名前にしたほうが、それぞれ使えると思うのですがね。

 

 

あとがき

“まよい犬

iPhoneではあまり使っていなかったSiriですが、Apple Watchでは使おうと目論んでいたのです。

でも、この感じだと、あまり便利に使えなそうですね。

ちょっと残念だなぁ。

でも、まぁ、話し方ののコツもあるのかもしれないので、もう少し遊んでみようとは思います。

というところで、今日はここまで。