読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもマイナーチェンジ!

普段の生活をほんの少しだけ便利で楽しくする情報を

「雨降りアラート」はApple Watchでこそ便利に使える良アプリ!

Apple Watch Apple Watch-アプリ iPhone iPhone-アプリ IT通信 IT通信-iPhone

まだまだ数の少ないApple Watch対応アプリですが、そんな中で僕がオススメしたいものがあります。

それが「雨降りアラート」。

これは、雨が降りそうな時、「もう少しで雨が降りますよ」とだけ教えてくれるアプリです。

iPhoneでは、一度インストールしてから使わなくなってしまったのですが、Apple Watchで使い始めると、なかなかいいんです。

 
f:id:mayoi_inu:20150522200826j:plain

 

雨降りアラート: お天気ナビゲータ
雨降りアラート: お天気ナビゲータ
無料
posted with アプリーチ

 

まさに通知アプリ

Apple Watchのひとつの特徴は「通知に強いこと」です。

メールがきたよ! メッセージが届いたよ! スタンドする時間だよ! などなど。

つまり、何か一言だけ伝えられて、「あぁ、そうか。」と思えるような連絡事項に強いということです。

例えば、今から外出しようと用意している時に、嫁さんや母親から「傘持った?」と聞かれるの助かるじゃないですか。

それと似たようなことをアプリがやってくれるんです。

「雨降りアラート」をインストールしておくと、バイブを感じた瞬間に画面を見るとこんな感じで表示されます。

f:id:mayoi_inu:20150522194131j:plain

 
その後、こんな画面に遷移します。

f:id:mayoi_inu:20150522194535j:plain

 
まぁ、さすがにベストタイミングで教えてくれるわけじゃないですが、「なにかを気づかせてくれる」のは、やっぱりありがたいですよ。

僕みたいに忘れっぽい人には助かるんです。

ちなみに僕がどのくらい忘れっぽいのかというと、朝にゴミを出すのを忘れないよう、前の日のうちに明日出すぶんを玄関に置いておいても、いざ家を出る時にはそのゴミをまたいで出ていきます。

ちゃんと目に入ってないという、ね。

そして後から「アーッ!」ってなります。

 

役に立つ事例

2週間くらい使っているのですが、雨が降る情報って結構いいです。

僕の場合、どんな時に役に立つかというと、

例えば、

▶ジョギング前
僕が走る時間帯は、夜の20時~22時くらいなのですが、家でくつろいでる時に雨降りアラート通知があると、「お、先に走っちゃうか。」と思います。
夏場の暑い時期なら、雨の日のほうが涼しくて気持ちいいのですが、春先は濡れると寒いですからね。

▶車を駐車して、しばらく歩く時
僕は車には常時傘を積んでいるので、車を降りる時に雨が降っていても困りません。
困るのは、傘を持たずに車を降りて、そこからしばらく歩き回る時。
そんな時に雨に降られると濡れて走るしかありません。
でも、車を運転している最中にアラート通知があると、「持ってかないと!」ってなります。

 
毎日天気予報をかかさず確認していれば、この通知なんて必要ないのでしょうが、僕の場合はそうではないので、結構助かるんですよ。

 

不要なタイミングでの通知も、特に気にならない

不要な時も当然ながら通知されます。

でも、何度もしつこく通知があるわけではないので、僕は気にならないレベルです。

通知確認も、バイブを感じた後にApple Watchを見る動作をするだけですからね。

画面には傘マークのアイコンが表示されてますので、「あ、雨降りアラートか。今は関係ないな。」と分かります。

それを確認できたら目線をもとに戻すだけ。

ボタンすら押しません。

それだけの動作ですから、特にわずらわしくないんです。

メールの通知なら、スクロールしたり、「アーカイブ」と「了解」の判別をしたりがあるかもしれませんけどね。

 

 

あとがき

  “まよい犬  

わざわざスマホを取り出してまで確認する情報じゃないため、iPhoneアプリとしてはイマイチな印象がありましたが、Apple Watch対応したことで、一気に良アプリになりました。

これは、今後のアプリ開発にもヒントになるかもしれないですね。

というところで、今日はここまで。

雨降りアラート: お天気ナビゲータ
雨降りアラート: お天気ナビゲータ
無料
posted with アプリーチ