読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもマイナーチェンジ!

普段の生活をほんの少しだけ便利で楽しくする情報を

雨中ジョギングのススメ。濡れても大丈夫な格好で走れば、涼しくて気持ちいいですよ!

生活 生活-ダイエット

■2016.8.15更新■

今週のお題「雨の日が楽しくなる方法」

僕は雨が好きかと言われると、どちらかと言えば好きではありません。

一般的に言われる理由がほとんどなのですけれども。

  • 空がどんよりしてる。
  • ジメジメしてる。
  • 濡れる。蒸れる。
  • 服や靴など、身につけてるものが汚れやすい。
  • 傘を持たなければならない。

 
などなど、挙げていけば普通の理由がいくらでも出てきます。

そんな僕でも、雨の日のほうがいいと思う事がひとつありました。

 

ジョギング

f:id:mayoi_inu:20150606172220j:plain

 
え?と思う人もいるかもしれませんが、雨の中のジョギングが好きです。逆に、すでにやっている人には賛同してもらえるのではないでしょうか。

ジョギングを始めて間もない頃は、雨が降っている日はお休みしていました。濡れたくないし、汚れたくないですからね。

でも、雨の日が数日続くと、お休みも続いちゃうのです。そして、休みが数日続くと、怠け癖がでてきてしまって、走るのが面倒になってくるんですよ。

今日はいいかぁ、なんて。

それで徐々にフェードアウトして走らなくなってしまった事が過去に数回あったんです。数ヶ月後には、いかんいかん、と言ってまた走り始めるのですが、それが長い時は半年とかだったりするわけです。

僕がジョギングをするのは、「体力づくり」と「ダイエット」のためなので、走らない期間が長いとどんどん太る。もうびっくりするくらい太ります。半年で5kgとか増えますから。

と、ちょっと脱線しましたが。

そんな理由で、雨が降ったらからといって走らないでいるとマズイ事になるので、走ることにしたんですよ。

そしたら、これが気持ちいい。

シャワーを浴びてる感覚とまではいきませんが、夏場の暑い時期なんかは涼しくてほんと気持ちいいのです。

濡れるのが嫌だと思っていたのですが、それは濡れたくない服装をしているから。濡れるのが前提の服装でいけば、なにも気にならないわけです

 
f:id:mayoi_inu:20150606172606j:plain

靴もビシャビシャになりますけれども、その感触も逆におもしろい。水たまりにも「うえーーい!」と言いながら自分から入っていくくらいです。 水たまりって普段は避けて歩いてるからこそ、それを気にせず入っていけるって何かスッキリするんですよね。

だから、雨の日のジョギングは逆に楽しくなったんです。春先などの寒い時期はちょっとキツイですが、それなりに暖かくなったら雨の日のほうがテンション上がります。

そんな楽しい雨中ジョギングですが、さすがに何の準備もしないままでは無謀というもの。それなりの雨用の装備も整えておいたほうが良いです。

なので、僕が使ってるアイテムをご紹介します。

 

僕が使っている雨用装備

使い古しのジョギングシューズ

一番優先度が高いのはコレですかね。

ジョギングを習慣にしている人なら、1〜2年に1度くらいはシューズを変えるかと思います。その時、古いシューズは捨てずにとっておくのです。それを雨の日用におろして使う。

雨の中走ると、当然ながらとても汚れます。僕の場合は特に水たまりに自ら入っていくので尚更です。そういう日に普段履いているシューズだともったいない。しかも乾かさないと次の日に履けませんし。

ちなみに、靴の中に雨が入ってこないような防水仕様のシューズはオススメしません。なぜなら、逆に蒸れるからです。普通に、通気性の良いメッシュものを選んだほうがいいですよ。走ってみると分かるのですが、一度濡れてしまえば、あとは全然気になりませんから。

▶さらにポイント!
ビショビショになったシューズは、走り終わったら新聞紙をつめておきましょう。そうすると水を吸うので、次の日には結構乾いてるんですよ。濡れたままだと臭いもキツくなりますので、そういう面でも重要です。

 
もし使い古しがないのであれば、3,000円程度で変える安いシューズを買ってもよいです。雨の日なんて、そう何日もありませんから、安いのでいいんです。個人的な格安クラスのオススメは「アシックス」と「ミズノ」です。幅広で履きやすいものが多いのが特徴です。

 

 

キャップ

これも結構重要です。

雨の日、少し風がふいたりしてると、雨が目に入ってきて目をあけて走りづらいんです。でもキャップをかぶるだけで、ツバの部分がかなりの雨をガードしてくれます。強い雨でもない限りは快適に走ることができます。

ジョギング用のキャップは、素材もポリエステル等、水が乾きやすいものを使っていますので、干していれは1日で乾きます。

値段も2,000以下で買えるものがほとんどですし、必須アイテムといっていいと思います。晴天時の日よけにも使うことを考慮すれば、黒よりも白色がオススメです。

 

 

スポーツサングラス

雨が強い時は、キャップだけだとさすがにキツイ場合があります。

そんな時にはやっぱりサングラスが良いです。

雨が目に当たると、ほんとに嫌なんですよね。視界が遮られるのがちょっとしたストレスになります。でも、サングラスをかければ、そんな心配は全くなくなります。ほんと快適。

僕の場合はサングラスを使うのは雨の日だけなので、それほど高級なものを使ってません。ノーブランドの安いやつでも十分に機能を果たせます。選びだすと良い物が欲しくなるのですが、上を見るとキリがないので^^;

 

 

その他は、あくまでオプション

上記3点がそろっていれば、基本的にはあとは晴れた日のウェアと一緒でいいと思います。

もう少しそろえるとすれば、Tシャツやパンツをポリエステル素材のものにするくらいでしょうか。

寒い日であればレインジャンパーなどもあると良いですが、そうでなければ蒸れるだけなので不要です。

ビショビショになりながら走りましょう。

最後に、もう一度、雨中ジョギングがオススメな理由をまとめておきます。

  • 涼しくて気持ちいい。
  • 水たまりに入るのが楽しい。
  • 濡れたくないのは、そういう服装だから。濡れてもいい格好なら楽しい。
  • 天候に左右されず、マイペースでジョギングができる。

 

あとがき

天候に左右されずに走れるようになると、精神的にかなり楽になります。

走りたい気持ちはあるのに走れないってことがないわけですから。

ジョギングはしているけど、雨の中はちょっと・・・という方がいたら、一度走ってみるといいですよ。

印象とは逆に楽しくなると思いますよ。

 
▼ダイエットしたい方は、こちらの記事もどうぞ。
ダイエットを始める理由は2つ作る。それだけで行動にうつる確率が変わります。