読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもマイナーチェンジ!

普段の生活をほんの少しだけ便利で楽しくする情報を

痩せたいならダイエットはやめるべき! 考え方の方向を変えよう!

その他 その他-ダイエット 生活 生活-心理・考え方

少し前に、ある女性と話をしていたところ、こんな事を言っていました。

「自分に合ったダイエットが中々見つからないんだ〜。」

その方は、ネットや本でいろいろなダイエット方法を調べているらしく、ちょっとずつ試しているらしいのですが、効果があまり出ないのと、飽きっぽいのとですぐ止めてしまうのだとか。

なぜそんな話を僕にしていたのかというと、僕は以前に20kg程痩せた経験があるからです。

なので、ダイエットといえば僕が浮かぶようで、たまにこういう相談を受けます。

さて、冒頭の女性の言葉。

僕は、それ自体に大きな間違いがあると思ってます。

 
f:id:mayoi_inu:20150607222722j:plain

 

ダイエットって何?

一般的には「痩せること」ですよね。

これは特に女性にとっては永遠のテーマなのかもしれません。

だからこそ、ダイエットに関する話題は今も昔もたくさん語られていますし、どんどん新しい方法も出てきています。

でも、どんな方法をやるにしても、ダイエットに失敗する、もしくは続かないという人に共通する事があります。

それは、楽して痩せようとしていること

今までの生活をできるだけ変えないで、結果だけ得たい。

言い換えるなら、「どっかにお金落ちてないかな〜。」と地面をキョロキョロ見回しているのと一緒です。

巷で、いろんなダイエット本が話題になるのは、ここをついているからなんですよね。

 ①雑誌やTVで「楽に痩せる方法」を見つける。
 ②でも、楽してなんて痩せられないので、別の方法が探す。
 ③①に戻る。

これじゃあ、永遠に痩せられません。

本気で痩せたいと思ったら、「楽をする」という事を諦めること。

等価交換の原則があることを受け入れないと、いつまで経っても成功しないですよ。

どこかの錬金術士みたいなこと言ってますが、ほんとにそう思います。

 

辛いと続かない

じゃあ、辛い思いをしなければいけないかというと、それも違います。

だって、辛いと続きませんから。

さっきは等価交換と言いましたが、等価交換は辛いものじゃありません。

例えば、スーパーでキャベツを買うのにはお金を払いますよね。

「お金を払うこと」は辛いですか?

レジで財布からお金を払う度に、いちいち「ぐぬぬぬぬ・・・・。」とかやりませんよね。

対価って辛いものじゃないんです。

この場合の対価とは、「行動」だと思います。

今までどおり、何もせずにほしい物は手に入りません。

手に入れるには、行動を起こすしかないですよ。

 

そもそも「ダイエットをする」こと自体が間違い

ダイエットをしようとする理由は、大抵の場合、太ったからですよね。

なんで太ったんでしょう。

理由はひとつしかありません。

食べ過ぎてるからです。

普段から食べ過ぎてるから、徐々に体重が増えてきているわけです。

そこで、これじゃやばいって事で「ダイエットしよう!」って思うんですよね。

でも仮に、そのダイエットでちゃんと痩せて、目標体重に戻ったとしましょう。

やったー!なんつって、また食べ始めたらどうなりますか?

太ります。

一時的に痩せたってダメなんですよ。

まずいのは、「太るような食生活&生活習慣」なのであって、そこを直さないと瞬間的に痩せてもまた元に戻っちゃうんです。

なので、がんばって3ヶ月だけダイエットしよう!なんていうのは間違いです。

正しいのは、「今までの悪い生活習慣を改めて、一生その正しい習慣で生きていこう!」なんです。

 

これが受け入れられれば、成功したも同然です

ダイエットにはいろんな方法がありますが、小手先の方法じゃ痩せないんですよね。

逆に言うと、「楽して痩せる方法」は疑ってかかるくらいがちょうどいい。

このへんをきちんと押さえておくと、実践する方法は結構絞られてきます。

そうやって絞り込んだ方法の中から、自分にとって一番すんなりできそうな事を、ちょっとずつ辛くない程度に一生かけてやる。

そうすれば、間違いなく痩せられますよ。

 
▶本日のまとめ

  • 楽して痩せようとしない。
  • 痩せるには対価(痩せるための行動)が必要。
  • 瞬間的に痩せても、また元に戻る。
  • ダイエットはしない。生活習慣を変えて、それを一生続ける。

 

あとがき

  “まよい犬  

と、書いてみたのですが、今回相談に来た女性には、この話は受け入れられなかったようです。

それができたら苦労しない、と。

役に立たずに申し訳ない^^;

振り返って考えると、今回の話は、真剣に解決したい相談ではなくて、単に話を聞いてほしかっただけなのかもしれないですね。ちょっと間違ったかな。

でも、真剣に解決したいと思ったら、これが真理だとは思うのですけどね。

というところで、今日はここまで。