読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもマイナーチェンジ!

普段の生活をほんの少しだけ便利で楽しくする情報を

カレー好きの僕が、市販のカレールーをワンランク上にするためにやっていること。

その他 その他-グルメ 生活 生活-ネタ

数ある料理の中で、世代を問わず安定して人気のあるカレーライス。

かくいう僕も大好物です。

一時期は、スパイスを調合して、丸1日かけてルーから作ったりしていたのものです。

でも、料理人でもない素人なので、結局は市販のルーで作るのが一番美味しいことに気づいてしまいました。

ですが、一から自分で作ることで、どこにポイントを絞れば美味しくなるかが分かりました。

今日は、僕なりに覚えたそのポイントをご紹介いたします。

 
f:id:mayoi_inu:20150609010501j:plain

 

基本的なスタンス

手間をかけずに、ちょっとだけ美味しくするのが目的です。

カレーは市販のルーをそのまま使うだけで美味しくできちゃうのが凄いところでもあるのですが、そこからあまり手間をかけずに味をワンランク上げようという事です。

ただし、手間をかけないぶん、お金は少しだけ使います。

カレーは、手間暇かければそのぶん美味しくなるのですが、今はその手間をかけなくてもいろいろ売ってるんですよ。

しかもそれほど高くないですから、自分で作るよりも買ったほうが安上がりで美味しいのです。

そういう市販のプラス品で、簡単に美味しくしようというのが今回のスタンスです。

では、紹介していきます。

 

必須のもの

タマネギペースト

 
カレーで甘さを出すには必須です。
「飴色タマネギ」とか、「アメタマ」とか言いますね。
カレーって、ただ辛いだけじゃ美味しくないと思うのですよ。辛さの裏に「甘さ」があって初めて美味しくなるんです。
その甘さを自然に出してくれるのがタマネギです。
しかも単なるタマネギではなく、飴色になるまで炒めたタマネギです。
これ、自分で作るとなると、もの凄い時間がかかります。タマネギが焦げないように弱火で時間をかけて飴色になるまで炒めていくと、平気で1〜2時間かかっちゃいます。
でもそこまで丁寧に炒めた飴色タマネギは、それだけで食べても甘くてとても美味しいです。
この自然な甘さこそがカレーを一層美味しくしてくれるんですね。
自分で作ると大変ですが、今やスーパーで100円程度で売ってます。
値段のわりに効果は絶大なので、これだけははずしちゃいけませんよ。

 

バナナ

f:id:mayoi_inu:20150609004657j:plain

 
こちらも甘さを出してくれる食材。
タマネギは自然で控えめな甘さなのに対して、こちらは直接的な甘さを感じます。
それなりの量を入れると、はっきりと普段とは違う味を感じることができますよ。
ただし、入れ過ぎると、クドくて飽きやすい味になってしまいますので要注意。
僕の好みとしては、ルー4人分でバナナ半分くらい。
入れるときには包丁でみじん切りしにして入れます。
入れるタイミングは、まぁ、素人なので適当ですが、ほぼ出来上がった時の最後の調整あたりです。
バナナがない時は、リンゴでも代用可能です(その場合、摩り下ろします)。

果物もないという時は、フルーツチャツネでもOKです。
チャツネとは、ペースト状の調味料のこと。
生モノと違って長期保存できるので使い勝手はこちらのほうが上かもしれません。

 

レッドペッパー

 
唐辛子のスパイスです。
市販のルーに、前述した「炒めタマネギ」と「バナナ」を入れると、かなり甘くなります。
お子様用であれば、そのままでもいいのですが、冒頭で述べたとおり、カレーは「甘辛」になってこそ美味しいのです。
なので、辛味もプラスする必要があります。
量は本当に好みなのですが、僕は結構ドバドバ入れちゃいます。
ただし、初めての時は入れすぎ注意です。

 
 
以上が、必須のものです。
3つとも、ほとんどのスーパーで売ってますので、手軽に美味しくすることができます。
さて、ここからは、もう少し本格的にしたい時に更にプラスするものも書いておきます。

 

更に美味しくするには

コンソメスープ

具材に煮込む際に、コンソメスープの素を入れます。
本気でやろうと思えば、ブイヨンスープなどから作ったりするのですが、自宅で作るならコレで十分。
味に奥行きがでますよ。

 

ガラムマサラ

カレースパイスの代名詞とも言えるものですね。
数種類が混合されたブレンドスパイスなので、辛味スパイスも入っていますが、大抵は風味を出すのに使われます。
なので、入れるのは本当に最後の最後で、ひと煮立ちさせたら出来上がり。
あまり長時間、火を入れ過ぎると風味が飛んじゃいますから注意です。
インドカレー屋さんのような香りを楽しめます。
香りだけといっても馬鹿にしてはいけません。
風味は美味しさに密接に関係しているんですよ。

 

生クリーム

果物ではなく、生クリームでも甘さが出て美味しくなります。
果物以上に直接的な甘さです。
そういう意味で同じようなものにチョコレートがありますが、どちらの場合でも入れすぎは禁物です。
あくまで隠し味程度にちょっとだけ入れるくらいが美味しくなる秘訣です。

 

あとがき

先日、久しぶりにカレーを作ったので、勢いで書いてみました。

画期的な方法は書いてませんが、ちょっとひと手間かけるだけでいつもと違うカレーになりますので、やったことない方がいれば、ぜひ一度やってみて下さい。

▼この記事の後に、こんなのも書いています。
カレー記事への皆様のこだわりコメントをご紹介させて頂きます。

▼レトルトカレーレビューもどうぞ。
レトルトカレーランキングTOP32! カレー大好き人間の僕がここ2ヵ月で食べたオススメを紹介します。