読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもマイナーチェンジ!

普段の生活をほんの少しだけ便利で楽しくする情報を

STYLUS TG-4 初日レビュー! 顕微鏡モードが美しすぎる、楽しすぎる!

その他 その他-オススメ商品 カメラ カメラ-写真 商品レビュー

昨日は充電で終わってしまいましたが、早速今日から使い始めてみたTG-4。

初めてのデジカメだけに、結構テンション上がってます。

ずっとスマホのカメラを使ってきましたが、普通の撮影でどのくらい違うんでしょうかね。

まずは、一番気になっていたそのあたりから確認してみました。

 

スマホのカメラと比較

f:id:mayoi_inu:20150616182825j:plain

f:id:mayoi_inu:20150616182834j:plain

f:id:mayoi_inu:20150616182843j:plain

 
まずは、普通に撮影してみました。
あらあら、ほとんど変わらないんじゃない?
よくよく見ると、やっぱりTG-4が一番くっきりしていて綺麗ですが、パッと見は色合いが多少違うくらいで、どれが綺麗かと言われると、単純に好みの問題かも。
Xperiaがちょっと暗めになってるくらいですかね。
センサーは、Xperia とTG-4 が 1/2.3型、iPhoneが 1/2.6型のようですが、ほぼ違いはなさそうです。
このくらい離れた撮影なら、スマホでも十分ってことですかね。
逆に言うと、スマホのカメラ性能がすごいってことだなコレは。

センサーについては、以下の記事でポイントを書いていますので、気になる方はどうぞ。
 
参考記事:コンデジ買うならスマホにできない事がしたい! 接写(マクロ撮影)に強い機種を調べてみました。 - いつもマイナーチェンジ!

 

マクロ撮影の準備

まずは、オプションで購入したLEDライトガイドをカメラ本体に取付ます。

これを。

f:id:mayoi_inu:20150616183532j:plain

 
 
装着!

f:id:mayoi_inu:20150616183550j:plain

 
こちらは、ピント合わせでシャッターボタンを少し押し込んだだけで、常時ライトを照らしてくれます。

フラッシュのように一瞬ではないとの、円型のライト全体が光るので、まんべんなく自然な明るさで撮影することができるようです。

ちなみに、ライトを点けるとこんな感じ。

f:id:mayoi_inu:20150616191453j:plain

 
 
では、いよいよTG-4を買った目的である接写比較をしてみます。

 

接写の比較

まずはXperia Z3 Compactから。
遠目ではくっきり写っていたペンも、このあたりまで近づくとかなりボヤケてきますね。
左端の写真ですら、ボケている箇所が目立ちます。

f:id:mayoi_inu:20150616183919j:plain

 
 
続いて、iPhone 6 Plus。
Xperiaよりも綺麗に見えるのは、距離がちょっと離れたからかな?
おおよそは、Xperiaと同じように見えます。
このへんがスマホカメラの限界なんでしょうね。

f:id:mayoi_inu:20150616184130j:plain

 
 
最後に、STYLUS TG-4。

f:id:mayoi_inu:20150616184156j:plain

f:id:mayoi_inu:20150616184207j:plain

 
う、美しい・・・。

こうじゃないと買った意味がありません。
顕微鏡モードを使えば、どんなにズームしてもボケることはありませんでした。
すげーなコレ。
ちなみに、右下でズームMAX状態です。
まぁ、これほど寄って撮りたい事は頻繁にはないでしょうが、上段の3つくらいの「寄り」はそれなりにありそう。
このレベルで撮影できると、ボケた写真でテンションが下がることはなくなりそうですね。

 
f:id:mayoi_inu:20150616184723j:plain

あと、LEDライトを点けないで撮影すると、右側のように真っ黒になります。
ギリギリまで寄って影をつくってるので、当然でしょうね。
なので、マクロ撮影をするならば、オプションのLEDライトガイドは必須かもしれません。
お値段は、おおよそ4,300円くらいです。

 

もうちょっとだけ撮ってみた

f:id:mayoi_inu:20150616185655j:plain

f:id:mayoi_inu:20150616185703j:plain

f:id:mayoi_inu:20150616185713j:plain

f:id:mayoi_inu:20150616185720j:plain

 
外でもいろいろ撮ってみたのですが、屋外でのマクロ撮影はきっついですね。
ちょっと風が吹くだけで、被写体が揺れる、揺れる。
ワラジムシなんかも撮ってみたのですが、ワサワサ動き回るので、追いかけるのが大変でした。
じっとしていてくれれば綺麗に撮れるんですけどね。
まぁ、これはカメラ性能ではなく、僕自身の撮影技術の話なのですが (^_^;)

 

 

あとがき

  “まよい犬  

まだちょっとしか使っていませんが、こりゃおもしろいです。

最初のうちは顕微鏡としても遊べるかも。

それにしても、思った以上の接写能力でびっくりしました。

これだけ寄れれば、今後は商品レビュー写真でのピンボケで悩むこともなくなりそうですよ。

満足、満足。

というところで、今日はここまで。

こんな記事も書いています

コンデジ買うならスマホにできない事がしたい! 接写(マクロ撮影)に強い機種を調べてみました。 - いつもマイナーチェンジ!