読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもマイナーチェンジ!

普段の生活をほんの少しだけ便利で楽しくする情報を

STYLUS TG-4でWi-Fiを使ってみた。写真転送とリモート操作の確認レビュー!

カメラ カメラ-撮影 商品レビュー

ここ最近のカメラにはWi-Fi機能がついています。

カメラに詳しくない僕にとっては、Wi-Fiって写真を転送するだけのものだと思ってましたが、そうではないんですね。

一番のメリットは、リモート操作なのだとか。

それってどう便利なんでしょう。

試しにちょっと使ってみました。

 
f:id:mayoi_inu:20150618195334j:plain

 

まずは転送方法から

まず先に、スタンダードな使い方である「写真の転送」の手順を書いておきます。

 

①カメラをWi-Fiモードにする。

TG-4には「Wi-Fiスタート」というモードがあり、この状態にしている時だけWi-Fi通信を行えるようです。

f:id:mayoi_inu:20150618185427j:plain

ちょっと分かりにくいのですが、メニューから「Wi-Fiスタート」を選択して。

 
 
f:id:mayoi_inu:20150618195909j:plain

こんな画面になれば、準備完了です。

 

② iPhoneからTG-4へ接続する。

次に、iPhoneの設定から、Wi-Fi通信をTG-4に切り替えます。

f:id:mayoi_inu:20150618185614j:plain

真ん中にある「TG-4-P-XXXXXX」というのがTG-4ですね。

 

③ 専用アプリを起動する。

OLYMPUSから提供されている「OI.Share」を起動します。

f:id:mayoi_inu:20150618190227j:plain

先程の設定でWi-Fiの接続先をTG-4にしていれば、一番したのステータスが「ON」になって通信できる状態になります。

 

OLYMPUS Image Share
OLYMPUS Image Share
無料
posted with アプリーチ

 

④写真転送

あとは、転送した写真を選んで実行するだけです。

f:id:mayoi_inu:20150618190352j:plain

iPhoneの場合は、これでカメラロールへ保存されます。

 

リモート操作

次に、リモート操作をやってみます。

画面はこんな感じで表示されます。

f:id:mayoi_inu:20150618190637j:plain

まず最初に便利だったのが、フォーカスの合わせ方。
スマホと同様に、タップすればそこにフォーカスが合います。
カメラ本体ではできない操作なので、これができるのは便利ですね。
奥へのフォーカスも簡単にできます。

f:id:mayoi_inu:20150618191017j:plain

 
 
左側の矢印をタップすれば、ズームボタンを表示できます。

f:id:mayoi_inu:20150618191126j:plain

 
 
各種モードの変更もちゃんとできます。
内容もカメラ本体にある物理ダイアルと、ほとんど一緒です。
左がアプリ、右がカメラ本体です。

f:id:mayoi_inu:20150618191333j:plain

カメラの写真はスマホで撮るしかないので、どうしてもピンボケになっちゃいますね。(^_^;)

レビュー写真を綺麗に撮りたくてカメラ買ったのに、被写体がカメラじゃどうにもなりません。

このもどかしさときたら、もう。

 
 
その他、露出、ISO、ホワイトバランスなどもリモート操作可能です。

f:id:mayoi_inu:20150618191603j:plain

 

リモート操作のメリット

数日前の記事でも書きましたが、おおよそこんなメリットがあります。

  • ボタン操作による手ブレがない。
  • セルフタイマーとは違い、自分の好きなタイミングで撮影できる。
  • 被写体の反射で、自分が映り込むのを回避できる。

 
いろいろ調べてると、マクロ撮影の際には、『手ブレがない』というのが一番のメリットになるようですね。

確かに、超ズーム状態だと、ちょっとした揺れでも結構ブレるのかも。

なので、三脚で固定した上でリモートで撮影するのがいいみたい。

正直まだ、どの程度違いがでるのは分かってませんが、あとで試してみたいですね。

デジタル一眼でもない限りは、そこまで影響があるものでもないのかな、という印象ではありますが。

 

あとがき

  “まよい犬  

せっかくWi-Fi付きのカメラを買ったので、有効利用するべく、まずは動きを理解するのに使ってみました。

ここからどの程度、使いこなせるでしょうかね。

というところで、今日はここまで。

こんな記事も書いています