読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもマイナーチェンジ!

普段の生活をほんの少しだけ便利で楽しくする情報を

画像効果を加えて写真を撮ってみた。結構印象が変わるものですね。

カメラ カメラ-撮影

最近バタバタしてまして、せっかく購入したカメラをいじれないのですが。

先日、ちょっとだけ試し撮りをしてきました。

まだまだカメラの機能を全然上手く使いきれていないのですが、まずは知識なしで、どこまで撮れるかやって来たということです。

 

内蔵フィルターを使ってみました

ちょっと前に、レンズフィルターをいう物の存在を初めて知ったのですが、最近のコンデジには内蔵フィルターというものが入ってるんですね。

まぁ、スマホのカメラアプリでもあるのですが、やっぱり本職のカメラのフィルターは凄かった。

説明するより、見てもらったほうが早いので、どんどん貼り付けていきます。

 

まずは普通に撮った写真。

 
 
▼レトロ
色あせた写真の雰囲気をかもし出した、柔らかい画像効果です。

 
 
▼ローキー
全体的に暗く落ち着いた雰囲気で、明るい部分を引き立てる画像効果です。

 
 
普通に撮った写真。

 
 
▼クロスフィルター
光源からの光が十字状に輝く、華やかな雰囲気を描き出す画像効果です。

 
 
▼ソフトフォーカス
全体を少しぼかし、柔らかい雰囲気に仕上げる画像効果です。

 
 
▼ジオラマ
周辺をぼかし、ジオラマ風に描き出す画像効果です。

 
 
▼インプレッシブアート
強いコントラストで、現実にはない劇的な雰囲気を描き出す画像効果です。

 
 
▼モノクローム
白黒の画像効果です。

 

視点を変えて撮ってみた

 
こちら普通に撮った写真。

 
 
地面スレスレにカメラをかまえて撮った写真。
こっちのほうが雰囲気あって、ちょっとそれっぽいかな。

 
 
普通に撮った写真。

 
 
手前に、ちょっとボカした被写体を入れて撮った写真。
ただ普通に撮るよりも、いいかも。

 
 
アイス食べたった。

 

あとがき

  “まよい犬  

とりあえず、いろいろ撮っただけなのですがね。

スマホで撮ってる時にはあまり気にしてなかったのですが、LX100には22種類ものフィルターが入っているので、工夫次第でかっこいいのが撮れそうです。

ちょっと使っていってみようと思ったのでした。

というところで、今日はここまで。

こんな記事も書いてます