読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもマイナーチェンジ!

普段の生活をほんの少しだけ便利で楽しくする情報を

IIJmioなら、全国のイオンでMNP即時開通ができます。格安SIMへの移行が更に便利に!

MVNO MVNO-IIJmio IT通信 IT通信-格安SIM

僕も利用している格安SIMの IIJmio が、最近、全国のイオンでMNP即時開通ができるようになりました。

正確には、2015年7月17日(金)から。

これまでは、即時開通させるためには、ビックカメラ提携の「BIC SIMカウンター」にて手続きする必要がありましたが、いかんせん店舗数が少なく、利用範囲が狭かったんです。

それが、今回のサービスにより、ほとんどのイオンで手続きできてしまう。

これは、またまた他のMVNOとの差が開いてきた印象がありますよ。

 
f:id:mayoi_inu:20150721195555j:plain

 

格安SIMって?

かなりメジャーになってきた格安SIMですが、まだ知らない方のために、すこしだけ説明を。

格安SIMとは、ドコモや au といった通信キャリア同様に、スマホや携帯の通話&通信サービスを提供してくれるものです。

通信速度は少し遅いものの、維持費が半分くらいになるのと、2年縛りがなくなるのが特徴です。(ほとんどの格安SIMサービスは1年経過後はずっと解約金が発生しない)

僕もソフトバンク時代は、スマホの維持費が月10,000円くらいでしたが、格安SIMにしてからは、月6,000円くらいに減ってます。(iPhoneの端末代を含めて計算してます)

端末代を入れなければ、毎月2,200円くらい。

スマホのヘビーユーザーでもない限りは、とってもお得なサービスなのです。

もう少し詳しく知りたい方は、過去記事をご覧になってみて下さい。

 

導入のネックだった、通話不能期間

スマホの維持費が劇的に安くなる格安SIMですが、ネックだったのが、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)の手続きに3日〜1週間程かかってしまうことでした。

僕も最初の契約の際には、3日程度、電話が使えない期間がありました。

 
でも、これはもう過去の話になっちゃいましたね。

イオン店舗に出向いて手続きすれば、その場で完了してしまうわけですから。

他のMVNOでも、実店舗で即日MNPできるところはありますが、イオンのような全国規模の店舗での展開はあまりされてません。

結構なアドバンテージじゃないでしょうか。

 
参考記事: 「IIJmio音声通話パック for イオン」MNP即日開通受付開始のお知らせ - IIJmio

 

「BIC SIM」か「IIJmio」か

これまで、IIJmioでの即日MNPといえば、「BIC SIM」でした。

「BIC SIM」とは、ビックカメラとIIJmioが提携した格安SIMのサービス。

品質は本家の IIJmioを変わらずに、『無料Wi-Fiスポット』の利用ができる上に、実店舗である「BIC SIMカウンター」があるエリアでは、即日MNPまでできるというのがメリットでした。

今回、本家の IIJmioが「全国のイオンで即日MNP可能にした」ことで、MNP手続きに関しては、本家優位となりました。
(2015年7月21日現在、BIC SIMカウンターは全国32店舗、イオンでIIJmio手続きができるのは全国209店舗。)

どちらの選択肢もある地域であれば、当然ながら、無料Wi-Fiが付く BIC SIMが良いでしょうけれども。

ですが、個人的には、動画を見るのでない限りは、無料Wi-Fi がなくても全く問題ありません。

僕は本家の IIJmioを利用していますが、無料Wi-Fi が利用できなくても十分です。

少しまえに、月の利用容量が増量して、最安プランでも月3GBまで使えますのでね。

以前は、スマホを使う時だけLTE通信をONにしていましたが、増量後は常時ONにしていても全然問題ないくらいです。

なので、それほど無料Wi-Fi にこだわりすぎる必要はないと思います。

 
参考リンク: BIC SIMカウンター - ビックカメラ

 

他社の即日MNP情報

OCNモバイルONE

IIJmioを除けば、かなり多いほうです。
対応店舗は、ヨドバシカメラ、ゲオ、エディオンの一部店舗。
「ゲオxOCN SIM」も合わせれば、全国16店舗です。
今後も増える予定のようですね。

 

楽天モバイル

渋谷と世田谷の2箇所に、「楽天カフェ」があります。

 

U-mobile

港区南青山に1店舗のみあります。

 

b-mobile

実は、ここもイオンモバイルカウンターでの即日MNPができます。
BIGLOBEやso-net等もあったりします。
ただ、品揃えが悪い店舗だと、SIMカードがなかったりして、取り寄せになることも。
僕がb-mobileに契約した時はそうでした (^_^;)

 

mineo

ここはちょっと特殊で、実店舗がなくても即日MNPできる数少ない格安SIMサービスです。
詳細は過去記事をどうぞ。

 

いろいろな格安SIMがあるけれど、やっぱりIIJmioがオススメ

僕も利用している IIJmioですが、品質に不満はまったくありません。

少なくとも、僕の住む北海道では非常にオススメです。

ただ、そんな IIJmioでも首都圏などでは、昼時にかなり遅くなるとの声も多く聞こえてきますので、NifMo や DMMモバイル、楽天モバイルなどの選択肢も良いとは思います。

でも、このあたりの事は時間をかけて詳しく調べないと、違いは分かりませんよね。

そんな時は、IIJmioにしておけば大きな間違いはないと思いますよ〜。

 
最後に、格安SIMの注意点を挙げておきます。

  • 通信速度は、大手キャリアよりは遅いので、過度な期待は禁物。
  • 手厚いサービスは受けられない。
  • キャリアメールは使えない。
  • テザリングは、基本的にはできない。(できる方法もあり)
  • 使用するのが au端末ならば、利用できる格安SIMは「mineo」と「UQモバイル」のみ。
  • ドコモ端末ならば、上記2つ以外はほぼ問題なし。
  • ソフトバンク端末なら、新規に端末を用意する必要あり。
  • SIMカードには3種類のサイズがあるので、使う端末に合った物を選ぶこと。

 
 
参考リンク: IIJmio

 

あとがき

  “まよい犬  

しばらく動きのなかった格安SIM業界ですが、こんな事が始まってました。

地味ですが、確実にシェアを伸ばせる地盤ができましたね。

他社もがんばってほしい!

というところで、今日はここまで。

こんな記事も書いてます