読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもマイナーチェンジ!

普段の生活をほんの少しだけ便利で楽しくする情報を

雨の日の撮影で役に立つ! カメラ本体を包むレインカバーのベストチョイスはこれだ!

カメラ カメラ-周辺機器

先日行ってきた花火大会。

天気予報どおり、雨だったんです。

でも小雨の予報だったので、中止にはならないだろうとふんで現地へ行ったのですが、絶対にやらなきゃいけないのが「カメラ本体を雨から守ること」。

防水防塵のカメラでもない限りは、水には弱いのが精密機器ですから。

高価なカメラがダメになってしまっては悲しすぎます。

なので、どうやってガードするのが良いかを調べてみたら、とっても良い方法がありました。

 

使うのはコレ!

f:id:mayoi_inu:20150731001009j:plain

使い捨てのヘアーキャップです。

100均で売ってます。これは12枚入りでした。

いろいろ調べたのですが、これが一番使い勝手がいいみたい。

そして、実際に使ってみて、そのとおりだと実感しました。

専用の防水カバーが販売している機種なら、それが一番いいんでしょうが、そう都合良く全てのカメラにあるわけじゃありません。

そんな時は、ほんとにこれで十分です。

これは素晴らしいアイデアです。

 
参考リンク: 【梅雨直前!】実質20円以下で作る、最強のカメラ用レインカバー! - studio9

 

装着してみました

f:id:mayoi_inu:20150731003204j:plain

まずは、キャップをひとつ取り出します。

 
 
f:id:mayoi_inu:20150731003305j:plain

入れますよ〜。

 
 
f:id:mayoi_inu:20150731003330j:plain

撮影するからには、レンズを覆うわけにはいきませんので、ここは外に露出しておかなければなりません。
この時に、ゴムが威力を発揮するんです。
どんな大きさのカメラでも、ゴムなのでピッタリと隙間なく締め付けることができます
ただのビニールだと、どうしても隙間ができるので、やるとすればガムテープでガチガチに留めないといけません。

 
 
f:id:mayoi_inu:20150731003636j:plain

こうやって一部分だけガムテープで留めればOK。
とっても楽チンです。

 
 
f:id:mayoi_inu:20150731003734j:plain

そして、ガムテープで留めた部分を下型にむけて、ヘアーキャップが開いてる部分が、三脚用のネジ穴側になるようにもってきます。

 
 
f:id:mayoi_inu:20150731003915j:plain

ここでもうひとつポイント!
ファインダーがついているカメラは、ここもビニールの外に出しておくと、撮影しやすい。
なので、レンズ同様に処理しちゃいます。

 
 
f:id:mayoi_inu:20150731004034j:plain

ゴムをぐるっと持ってきて。

 
 
f:id:mayoi_inu:20150731004058j:plain

ガムテープで留めます。
はい、バッチリ!!

 
 
f:id:mayoi_inu:20150731004136j:plain

これで、「レンズ」「ファインダー」「三脚用ネジ穴」の3つが外に出てる状態で、カメラを包むことができました。

 
 

電源を入れてみる

f:id:mayoi_inu:20150731004323j:plain

三脚をつけてみます。

 
 
f:id:mayoi_inu:20150731004347j:plain

電源を入れて、レンズが飛び出してきても問題ありませーん。

 
 
f:id:mayoi_inu:20150731004446j:plain

下側はこんな感じ。
不安ならば、ここもガムテープで留めてしまってもいいかもしれません。

 
 
f:id:mayoi_inu:20150731004520j:plain

ファインダーも使えます。
そして、見てのとおり、この状態で液晶画面を見ようとしても、ビニールが邪魔でよく見えません。
撮る絵が見えないで撮影しても、上手く撮れませんから、これは結構重要ですよ。

 
 
f:id:mayoi_inu:20150731004540j:plain

バッチリです!

 
 

使ってみた感想

取り付けも簡単な上、雨も入ってきませんでした。

途中でも書きましたが、「ゴム」になってるのがポイントですね。

普通のビニールを使うと、ハサミで切って穴をあけたりしないといけませんし、そこから雨が入らないようにするにはテープでがっちり留めないといけない。しかも、本体にベタッと貼り付けないといけないので、本体がベタベタしちゃいます。

ゴムなら、そんなことは一切考えなくていいし、どんなサイズでも対応できます。

更に、12枚入って100円なので、その都度使い捨てでいい。

手軽さ、機能性、コスト、すべてにおいて隙のない方法だと思います。

良い方法を教えてもらった!

 

あとがき

  “まよい犬  

とても良い方法を知ったので、小雨程度の天候ならば撮影に支障がなくなりました。

いつでも対応できるように、ヘアーキャップとテープは、車に積んでおこうと思います。

というところで、今日はここまで。