読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもマイナーチェンジ!

普段の生活をほんの少しだけ便利で楽しくする情報を

ソニーがFeliCa内蔵の腕時計バンドを開発! iPhoneで「おサイフケータイ」を使うための最適解かも。

iPhone iPhone-Tips IT通信 IT通信-話題

f:id:mayoi_inu:20150831191433j:plain

 
ソニーが、バンドに FeliCaを内蔵した腕時計を開発中とのニュース。

クラウドファンディングサイト「First Flight」で支援コースがあり、34,800円〜69,800円まで6コースあるようです。

出荷予定は、2016年3月以降。

これはなかなか楽しみな話です。
 
wena wrist | First Flight

 

製品名『wena wrist』

 
製品の特徴はおおよそこんな感じ。

  • 見た目はアナログ腕時計そのまま。
  • 時計本体ではなく、バンド部分に機構を搭載。
  • 搭載機能は「FeliCa」「スマホ通知」「活動量計」の3つ。
  • バッテリー持ちは、約1週間。
  • LEDやバイブレーション搭載。
  • FeliCaでは「iD」「QUICPay」「楽天Edy」等が利用可能。
  • 対応OSは、iOSのみ。
  • バンド部の防水性能はIPX5/7。

 
ほうほう、これはなかなか良さそうです。

時計本体はそのままに、バンド部にスマート機能を持たせているので、腕時計のデザインを邪魔せずにスマホと連携できます。

更に、現在のスマートウォッチで散々叩かれているバッテリーも、1週間もつらしい。

もっと言えば、iPhoneでもようやく「おサイフケータイ」をまともに使えるようになります。

厳密には、「おサイフケータイジャケット」というスマホケースがドコモから販売されていますが、これはスマホの厚みがかなり増してしまうので、実用性の点では疑問でした。

 

 

支援すれば、2016年3月以降に手に入る

価格は34,800円から(この価格での支援はすでにSOLDOUT)と、ちょっとお高めではありますが、おもしろい商品ではありますね。

ただ、個人的には今回はスルーです。

なぜなら、時計本体部がただのクォーツだから。

僕はアナログ時計なら、電波ソーラー一択なのですよ。

常に秒単位で時間が正確。しかもノーメンテナンスで。

これが大事。

時計本体だけ別の物に入れ変えられれば、また考えたのですが、公式サイトを見ると、ちょっと特殊な結合になってます。

惜しいなぁ。

こういう「専用タイプ」にしないで、どんな時計でも取り付けられるように汎用的にしてほしい。

このあたりが日本企業の悪しき風習に思えます。

汎用的にして、バンドだけで20,000円くらいだったら、飛びついたんですけどね。

でも、

ちょっと辛口のコメントを書いてしまいましたが、方向性としては間違ってないかも。

デザイン性を重視しつつ、最低限の機能のみ搭載する。

アナログタイプのスマートウォッチは他社でもあるようですが、日本ではなんといっても「FeliCa」が使えるのが大きい。

iPhoneが日本のためだけに「FeliCa」を搭載してくるとは考えにくいので、iPhoneでおサイフケータイを使おうと思ったら、この形がベストなんじゃないでしょうかね。

これはソニーしかできないことですので、今後の進化には大いに期待してしまう製品ですよ。

 
参考サイト: wena wrist - First Flight

 

あとがき

  “まよい犬  

今回僕は支援しませんが、こういうのを仕掛けてくるあたり、なんだかんだいっても、さすがのソニーです。

日本企業の技術力って、やっぱり凄い。

というところで、今日はここまで。

 

こんな記事も書いています