読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもマイナーチェンジ!

普段の生活をほんの少しだけ便利で楽しくする情報を

犬からの第一印象を良くする方法

その他 その他-雑感 生活 生活-雑感

f:id:mayoi_inu:20150928213040j:plain

 
自分で言うのもなんですけれども。

僕は犬に好かれます。

以前、犬舎で働いていたんですけどね。

けんしゃ。

ケンネルとも言いますが。

そこで200匹以上のワンコの世話をしていた時も、最初からやたらとなつかれました。

誰に教わったわけでもないのですが、

いくつかテクニックらしきものはあります。

そのうちのひとつを、ちょっと書いてみますよ。

 

いきなり撫でちゃダメ

よく、初めて接する犬に対して、いきなり頭を撫でる人がいますが、僕はこれ絶対にやりません。

まぁ、ゴールデンレトリーバーみたいに、向こうからフレンドリー全開でくるワンコには特に何も考えなくていいんですが、そうじゃない場合は、無闇に撫でないほうがいいです。

頭を撫でられて嬉しいのって、信頼してる相手に対してだけですから。

初対面の人に、いきなり頭上から手を近づけられたら、叩かれる!って思う犬も多いんですよ。

撫でた時に目をつぶる犬っていませんか?

ビクッ!ってなってませんか?

臆病な犬ほど、いきなり頭を撫でられたら怖いんです。

撫でようとしてる側は、かわいがろうとしてるんでしょうが、犬にそんなことが分かるわけありません。

あ、ちみみに、

「ウゥ~~~・・・・」って唸ってる場合は、絶対に近寄っちゃだめですよ。

唸るってことは、何かあれば攻撃してくる合図です。

ここで無理してもいい事がありません。

素直に諦めましょう。

 

話しかける

唸ってる以外の場合は、まずはちょっと近づいて、目線の高さを合わせつつ話しかけます。

当然、言葉なんて通じませんが、いいんです。

犬ってね。

雰囲気を感じ取るんですよ。

言葉は分からなくても、感情を読み取ります。

怖い人なのか、優しい人なのか。

フレンドリーに話しかければ、結構伝わるんですね。

人間だって、見知らぬ人にいきなり体を触られたら嫌ですよね。

犬だって一緒。

まずは話しかけて、「自分は害がないよアピール」をすると良いです。

 

顎の下を撫でる

話しかけてみて、ちょっと緊張がほぐれたら、初めて触ります。

この時も、頭は撫でない。 

顎の下あたりをスリスリしてあげます。

ここは猫が喜ぶ場所ですが、初対面の犬にも有効です。

なんでかというと、人間の手が視界の中にあるじゃないですか。

頭を撫でようとすると、犬からすれば、視界の外から影がかぶさってくるんですよ。

でも、顎下だと、見える範囲での動きですから安心感があります。

少なくとも、僕が知る限りでは、顎下を撫でて、目をつぶったり、ビクッとなる犬はほとんどいません。

なので、最初に触れる場所としては、ここがベストだと思うのです。

顎下がOKであれば、次は背中のあたりを大きく撫でてあげます。

犬とのコミュニケーションは、やっぱり触れ合うのが効果的なのは間違いありません。

もちろん、反応を見ながら、嫌がるようであれば止めたほうが良かったり、別の場所が良かったりするケースもあります。

このへんまでくると、正直、あとはワンコの性格次第なんですけれどもね。

 

あとがき

  kb22icon250x250  

初対面の犬に対する接し方を書いてみました。

人に慣れていて、とにかく遊びたい、撫でられたいワンコもいますが、内弁慶のワンコもたくさんいます。

そういう場合は特に、今回書いたアプローチでかなり印象が結構違うはずですよ。

というところで、今日はここまで。

こんな記事も書いてます