読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもマイナーチェンジ!

普段の生活をほんの少しだけ便利で楽しくする情報を

猫への接し方のワンポイント。犬と同じに考えちゃダメですよ!

その他 その他-雑感 生活 生活-雑感

f:id:mayoi_inu:20150930190957j:plain

 
昨日のエントリーが意外と反響がありまして。

 
その中で、「猫もお願い!」という声が。

猫ですかー。

ふむ。

実家にいる時に、数匹飼っていた程度なのですが。

一応は自分なりに思う「それらしきもの」はあります。

今日はそれを書いてみますよ。

 

犬と猫の違い

犬と猫の接し方で一番違うのは、猫は「怒っちゃダメ!」って事です。

犬はね。

ちょっとくらい怒っても大丈夫なんです。

場合によっては、ちょっと叩いても大丈夫。

悪いことをしたら「ダメ!!!」って怒ると、シュン.......となりますが、反省するのが犬。

どうして怒られたかが分かれば、怒られないようにがんばります。

なぜなら、犬は上下関係を重んじる生き物だから。

自分よりも上だと思ってる存在の言うことはちゃんと聞くのです。

でも、

猫は違う。

猫は自由奔放。

猫は、怒られるのが大嫌い。

怒る相手は敵です。

自分に危害を加える存在はすべて敵なのです。

 

僕の失敗

僕は基本的に、動物には結構好かれるので、猫も寄ってくるのですが、一度失敗しましてね。

今、実家にいる猫(ミケ)なんですが。

僕が帰省した際、まだ子猫だったミケを、誤って蹴っ飛ばしちゃったことがあるんです。

ソファーの影にゴロゴロしているのを知らずに、そこを通りまして。

そのまま歩いてたら蹴っ飛ばしたかたちになったのですが、ミケは「フギャーーーーーー!!」と物凄い声を出しながら逃げていきました。

その時すぐに対処すればよかったのかもしれませんが、走って逃げちゃったので、そのままにしてたんですよね。

これが良くなかった。

それ以来、

僕を見ると、毛を逆立てて「フゥーーーーー!!」って威嚇してきます。

もう5年くらい前の話なのですが、実家に帰ると、いまだに敵扱いです。

ミケは僕を見るたびに狂暴化するので、ミケがいる場所ではゆっくりテレビも見れません。

ご飯を食べる時だって、僕は奥の部屋で一人で食べるんです。

だって、居間で食べてたら、ひっかいてきますから。

なんとか許してもらうとコミュニケーションをとるのですが、実家にいるのは正月の2日程。

こんな短期間じゃ、距離を縮めることなんてできません。

泣く泣く、僕はいつも、ミケとは目を合さないようにしてます。

そのせいで、実家はとても居心地が悪いです、誰か助けて。

 

猫の気持ち

ミケに対しては、そんな僕ですが、その前に家で買っていた3匹の猫からは家族の中で一番好かれてました。

僕がソファーに座ってると、いつもみんな僕の上によじ登ってきます。

んで、ゴロゴローゴロゴローと喉を鳴らして、僕の上でだべってました。

家族からは「なんでいっつもあんたばっかりー!」って言われてましたが、僕からすれば当たり前なんです。

だって、みんなはとにかく撫ですぎなんですよ。

猫の都合なんて考えないで、撫でたり抱いたりしすぎ。

猫からすれば人肌が恋しいだけで、無闇やたらと触られたくないんですよ。

僕は、猫のほうから「撫でてー」って、すり寄ってきた時だけ撫でます。

そしたら、ゴロゴロー、ゴロゴローって気持ち良さそうにするんです。

膝の上や、お腹の上で丸まってる時は、何もせずにそのまま寝かせておきます。

ここで我慢できずに撫でて、寝ているのを邪魔なんかしちゃったら、どっか行っちゃいますよ。

つまり、猫の気持ちはこうです。

「我が望む時だけ、我を撫でることを許す!」

 

あとがき

  kb22icon250x250  

猫好きの人なら分かってることなんでしょうけど、そうじゃない人は意外と知らないことかなー、と。

というところで、今日はここまで。