読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもマイナーチェンジ!

普段の生活をほんの少しだけ便利で楽しくする情報を

iPhoneでトーンカーブを使おう! 画像編集ならやっぱりlightroom!

iPhone iPhone-アプリ Android Android-アプリ IT通信 IT通信-iPhone IT通信-Android

カメラを少したしなんでる人なら、誰もが知ってるlightroom。

Adobe Photoshop Lightroomとは、超有名な画像編集ソフトのPhotoshopシリーズのひとつで、写真の編集に特化したソフトです。

RAW現像や写真管理もできるので、キャメラマン御用達ってやつですね。

便利なソフトだけに、まぁ値段も多少はしまして、Amazonで買うと14,000円くらいします。(2015年11月28日現在)

でもー

これの iPhone版があるんですよ。

無料で。

まぁ、機能はかなり限定されてますけど、このアプリのいいところは、記事タイトルのとおり、トーンカーブを使えることです。

トーンカーブは以前の記事でちょっと書きました。

 
これね、いいんです。

 

Adobe Photoshop Lightroom for iPhone
Adobe Photoshop Lightroom for iPhone
開発元:Adobe
無料
posted with アプリーチ

 

使用例

▼元画像

image

 
 
▼lightroom編集後

image2_lr2_o16s8

 
上の画像が、iPhoneで撮ったままの写真で、下のが lightroomで調整した写真。
調整も、対して手間をかけているわけじゃなくて、1分もかけてません。
設定を数種類変えただけです。

 

設定画面

img_20151128a

トーンカーブは、こんな感じの画面で操作します。
写真を明るくしたい時には、真ん中あたりをタップして上側に移動していけばOKです。

トーンカーブを使うと何がいいかというか、白飛びや黒つぶれがしにくのです。
もう少し詳しく知りたい方は、こちらの記事をどうぞ。

 
 
img_20151128b

設定できる内容は、ざっとこんな感じ。
色調については、やりたいことは大抵できます。

 
 
img_20151128c

調整した画像を保存する時は、ちょっとだけ分かりにくいです。
右上の矢印アイコンから、「共有」を選んで、「画像を保存」すればOKです。

 

トーンカーブ調整画像と、露出調整画像の比較

image

image2_lr2_o16s8

 
どっちがどっちか分かりますか?

上が露出調整、下がトーンカーブ調整の写真です。
好みもありますが、露出調整だとやっぱりちょっと白っぽくなりすぎの感じがします。
無理矢理明るめにしてるわけじゃなくて、良さげな色合いまで露出を上げたら、こうなったんですね。
特に紅しょうがが白くなってて、あまり美味しくなさそう。

もちろん、ケースバイケースなのですが、写真によって露出調整を使うか、トーンカーブを使うか、どちらも両方使うか、自由に選べるのは lihgtroomならでは。
ちょっとした差ですが、どうせ使うならより綺麗に加工できたほうがいいですからね。

ちなみに、

料理写真を美味しく見せる設定なら、
 トーンカーブで中間色を少し明るくして、
 彩度を少し上げて、
 色温度を少し上げて、
 露出も少し上げる。

これだけで結構美味しそうな写真になります。

ぜひお試しあれ。

 

Adobe Photoshop Lightroom for iPhone
Adobe Photoshop Lightroom for iPhone
開発元:Adobe
無料
posted with アプリーチ

 

背景をボカすと更にいい!

image

 
こんな感じで背景をボカすことができるアプリもあるんですよ。
結構雰囲気が変わるのでオススメです。
興味のある方は、こちらの記事をどうぞ。

 

あとがき

  kb22icon250x250  

写真編集ソフトの代名詞でもある lightroomの名前は伊達じゃありません。

無料ですので、入れておいて損はないですよ。

というところで、今日はここまで。

 

こんな記事も書いてます