読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもマイナーチェンジ!

普段の生活をほんの少しだけ便利で楽しくする情報を

マンフロットの携帯LEDライト『LUMIE』を購入! ブツ撮りにも使えてなかなかの使い勝手です。

その他 その他-オススメ商品 カメラ カメラ-周辺機器 商品レビュー

カメラを使い始めて以来。

家でもレビュー用の写真を撮る機会が多くなっていたのですが。

不満だったのが照明設備。

一応、撮影用に卓上スタンドは使ってるのですが、1つしかないのでどうしても不要な影ができちゃうんですよね。

かといって、サブ照明を買っても普段は邪魔、という我ながらのワガママっぷりでして。

ずっと保留になっていた案件でした。

それがようやく、良さげなものを発見したのでございます。

 

Manfrotto LUMIE

P1040618.JPG

それがこちら。
Manfrotto社が出しているLEDライト「LUMIE」です。

見た目どおり、携帯用のライトです。

 
 
P1040619.JPG

大きさは、ポケットテッシュより少し小さいくらい。
片手ですっぽり収まるサイズです。

 
 
P1040605.JPG

こちらのほうが分かりやすいかな。
iPhone 6 Plusとの比較。

 
 
P1040602.JPG

こんな感じでミニ三脚にセットすることもできたり。

てか、おねーさんの顔コワイ (;´Д`)
 
 
P1040601.JPG

カメラのホットシューにセットしてストロボとしても使えます。
見た目はあまりよくありませんけど、ストロボと違って常時点灯しているので、明るさを把握しやすいかもしれません。

おねーさん、やっぱり怖い (;´Д`)

 
 
P1040611.JPG

こいつがアダプターです。
シューにセットする形状でありつつも、三脚用のネジ穴もついてます。

 
 
P1040617.JPG

スイッチは本体横についてます。
長押しでスイッチON!

 
 
P1040610.JPG

こちら反対側。
充電用のコネクタがついてます。
蓋をとってぶっ刺して充電します。

この蓋、本体にくっついてなくて完全にはずれちゃうので、なくさないように注意しないといけません。

 
 
P1040615.JPG

フィルターもついてるので、光の色も変えられます。
別売りでさらに多色フィルターも売ってます。

 

 

使ってみた

さて、早速使ってみました。

僕はつい先日、ジェットストリームの多色ボールペンのレビューを記事にしたんですが、その時の写真が納得いかなかったんですよね。

それはこれ。

 
P1040621.JPG

この写真、影が強いじゃないですか。

露出補正しても、ここまではっきりできた影って消しにくいです。

うむぅ、と思いつつアップしたのです。

この写真を、同じ感じで、LUMIEを使って撮ってみました。

それがこちら。

 
P1040769.JPG

どうでしょう。

結構違うと思いません?

嫌な影が消えて綺麗になりました。

こういうのがやりたかったんですよ。

 

明るさは4段階に変えられる

P1040764.JPG

電源ボタンを押すことで、明るさを4段階に変えられます。
上の写真は一番暗いもの。

 
 
P1040763.JPG

一番明るくすると結構違います。

 
 
P1040765.JPG

卓上スタンドは消して、LUMIEだけで照らしてみました。
これが一番暗い状態。

 
 
P1040767.JPG

一番明るい状態。
携帯ライトにしては、がんばってると思います。
少なくとも、スマホのライトとは比べ物にならないくらい明るいです。

 

使用感

ざっと使ってみた感じ、なかなか良いですね。今回は屋内で使いましたが、コードレスなので屋外でも使えます。満充電で1時間使えるとの事。

僕がこれを買った決め手はこの携帯性なんです。部屋でブツ撮りするだけなら、小さな照明を買えばいいのです。2,000円くらいで買えますし。 でも、僕が使いたいシーンは必ずしも自宅だけってわけじゃなくて、外でもあるんですよ。

僕が食べ歩きが趣味で、料理写真を撮る機会がとても多いのですが、その時に明るさが足りないことがよくあります。店内が暗い店ってよくあるじゃないですか。

雰囲気はいいんですが、撮影には不向き。もっと明るくしたい〜、なんて思うことが1度や2度じゃありません。 また、明るさがそれなりにあったとしても、光の向きが悪くて綺麗に撮れなかったりとか。なので、携帯ライトがほしかったんですよね。

まぁ、あまり人の多いところだとライトを使ってまで料理を撮ってると結構目立つので、常に使うわけじゃないのですが。それほど人目を気にしなくていい店も結構あったりして。そういうところでは、ライティングも気になるわけです。

こういった僕のニーズにぴったりハマったのがLUMIEでした。

ライトって、なかなかいいのなかったんですよ。よくある携帯ライトじゃ暗い上に、光が範囲が狭すぎて使えないし。かと言って、そういう明るさを満足しようとするとバカでかくなったりして。うん、このくらいのサイズでこの明るさになれば十分満足です。

ちなみに、LUMIEは3種類のラインナップがあります。

光量220LuxのLUMIE Play 約5,600円、
光量440LuxのLUMIE Art 約10,000円、
光量550LuxのLUMIE Muse 約13,000円。

僕が買ったのは、一番明るい Muse です。値段は結構しますけどね。家でも外でも使えて、光量がそれなりで、携帯性もあるもの、っていう条件を満たすものってなかなかないので。

ちょっと高めだなぁと思いつつも、まぁ満足してます。

 

もう少しだけ撮影例

最後にもう少し例を載せておきます。

全部、自宅撮りですけど。

卓上スタンドだけで撮った場合と、それに加えて手前側からLUMIEで照らした場合との比較写真を撮ってみました。

ケーキの下側にある影が消えてるのを注意して見ると分かりやすいです

露出調整やトーンカーブで明るさを変えるのとは別物ですね。

 

使用例1

P1040716.JPG

▲卓上スタンドのみ

 
 
P1040745.JPG

▲卓上スタンド + LUMIE

 

使用例2

P1040742.JPG

▲卓上スタンドのみ

 
 
P1040751.JPG

▲卓上スタンド + LUMIE

 

使用例3

P1040733.JPG

▲卓上スタンドのみ

 
 
P1040748.JPG

▲卓上スタンド + LUMIE

 
 

LUMIEの特徴まとめ

  • 自宅でのブツ撮りでは、サブ照明として活躍できる。
  • 携帯性が抜群なので、外出時での利用も可能。
  • 一点集中型の照明ではなく、全体を照らしてくれる。
  • サイズのわりにかなり明るい。
  • 明るさは数段階に変えられる。(Museは4段階、PlayとArt は3段階)
  • 付属のフィルターで色合いも変えられる。
  • 値段はちょっと高い。

 

manfrotto LUMI LEDライト 550 lux MUSE MLUMIEMU-BK

manfrotto LUMI LEDライト 550 lux MUSE MLUMIEMU-BK

 

あとがき

  kb22icon250x250  

カメラ用のポーチにもギリギリ入るサイズなので、カメラと一緒に持ち歩けます。

地味だけど活躍しそうです。

というところで、今日はここまで。

ブツ撮り環境の記事も書いてます