読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもマイナーチェンジ!

普段の生活をほんの少しだけ便利で楽しくする情報を

集合写真を笑顔で撮るためのポイントと、語りかけ6パターン。

カメラ カメラ-撮影

最近、集合写真を撮る機会が増えているのですが。

その時に思うのは、笑顔の写真が撮りたいなぁってことです。

せっかくですのですね。

無表情よりも、笑っている写真のほうが記念になります。

でもそういう写真って、ただ黙ってシャッターを押しても撮れません。

軽くでいいので笑いをとって、その後に撮ると良いです。

 
IMG20160416

 

例えば

(構図を決めながら)

〇〇さん、もう少し内側に入ってもらえますかー?

はい、そうですそうです、OKでーす。

△△さん、あと1歩だけ右側に寄ってくださーい。

はいはい、ありがとうございまーす。

□□さん、そこにいると写っちゃうんで、撮影が終わるまで外で待っててもらえますか?

(笑い)

カシャ!カシャ!カシャ!

はい、撮りまーす。

カシャ!カシャ!カシャ!

 

撮る時のポイント

もし笑いをとることができたなら、シャッターを押すタイミングは2つです。

「笑いがおきた瞬間」と「そのすぐ後」。

笑った瞬間はもちろん笑顔ですから、そこで撮れればベスト。でも、この瞬間だと笑顔は撮れますけど、カメラのほうを向いてない人もいたりするんですね。

だから、まだ笑顔が残っているうちに「はい、撮りまーす。」と言って、こっちを向いてもらうのが大事。 笑った瞬間ではないですが、にこやかが表情がまだ残っているので、何もせずに撮った時と比べて良い表情になりやすいのです。

あと、シャッターは最低でも3連続できりましょう。

今のカメラなら連写モードってのがあるはずです。これを使うのと使わないのとでは、良い表情を撮れる確率が全然違います。

 

パターン②

みなさん、いいですかー?

撮りますよー。

撮りますよー。

えー、ここでみなさんに重要がお知らせがございまーす。

カメラの電源を入れ忘れておりました。

(笑い)

カシャ!カシャ!カシャ!

はい、撮りまーす。

カシャ!カシャ!カシャ!

 

パターン③

みなさん、いいですかー?

撮りますよー。

撮りますよー。

というかですね。

あんまりみんなで僕の事をジッと見られると照れるんやめてほしいんですけど。

(笑い)

カシャ!カシャ!カシャ!

はい、撮りまーす。

カシャ!カシャ!カシャ!

 

パターン④

はーい、それでは肩の力をぬいてラク~にしてくださいねー。

気持ちをラク~にしてください。

肩の力をぬいて~。

そして、息をすぅ~と吸って~。

息を吸って~、息を吸って~。

そこで止めまーす。

はい、撮りまーす。

カシャ!

ちなみにこの撮り方は、レントゲンの撮り方なんですけどね。

(笑い)

カシャ!カシャ!カシャ!

 

パターン⑤

(ファインダーを覗きながら)

今、構図を決めてますからちょっと待って下さいねー。

まだ撮りませんよー。

まだ撮りませんよー。

このまま永遠に撮らなかったらどうなるんでしょうねー。

どうなるか気になってきましたよー。

ここまできたら撮らないかもしれませんよー。

まだ撮りませんよー。

まだ撮りませんよー。

はーい。

まだ撮りませんよー。

「はよ、撮れや!」(←つっこみ)

(笑い)

カシャ!カシャ!カシャ!

「今、撮るんかーい!」(←つっこみ)

(笑い)

はい、撮りまーす!

カシャ!カシャ!カシャ!

 

掛け合いができるとやりやすい

仲間内の集合写真の場合なら、ツッコミを入れてもらうとかなり楽になります。
イジりやすい人がいたら、積極的にいじりたいですね。

 

パターン⑥

みなさん、準備はいいですかー?

大丈夫ですかー?

大丈夫そうですねー。

まぁね。

みなさんの準備が良くても、僕は絶対に写真は撮らないんですけどね。

「なんでやねん!」(←つっこみ)

(笑い)

カシャ!カシャ!カシャ!

はい、撮りまーす!

カシャ!カシャ!カシャ!

 

もうひとつポイント

今まで書いてきた例は、自分はフレームに入らず、カメラマンとして撮る側での例でしたけれど。

自分もフレームの中に入る場合でも、カメラにWi-Fi通信機能が付いていれば、リモート操作できますので、こられの例も応用できます。

セルフタイマーを使わずに、自分の操作で連写撮影すればOK。

リモート操作はかなり便利なので、積極的に使っていきましょう。

 

まとめ

結構ベタなやつが多いですけども。

こういう時はベタなほうがいいんです。

誰でも分かるくらいがちょうどいい。

もちろん、空気によっては滑りまくりますし、そもそも笑いをとる空気じゃないこともあります。

そういう時は、「すいません、滑りました〜。」って言って、真面目に撮ります。

最悪、笑いをとれなくてもいいんですよ。

場が少しでも和めば良し。

それだけでも結構違うものです。

撮る機会が多い方は、やってみて下さいまし。

 

集合写真を撮る時のポイント
  • 撮る前に笑いをとる。
  • 笑った瞬間を撮る。
  • 笑ったすぐ後、「撮りまーす」と言って、再度撮る。
  • シャッターは連写で。
  • リモート操作すれば、自分も入りながら掛け合いできる。
  • 笑いはとれなくても、和やかになればそれで成功。

 
★★お願い★★
過去に笑った語りかけがあったら教えて下さい!