読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもマイナーチェンジ!

普段の生活をほんの少しだけ便利で楽しくする情報を

冬の余韻

生活 生活-ネタ

北海道の冬は寒い。

とは言っても、ずっと住んでいれば慣れたものなのではあるけれど。

それでもやっぱり桜の開花は遅いし、GWを過ぎた今でも僕の部屋にはストーブが置いてある。

まだまだ朝晩は冷え込むことがあるからだ。

そして、こんな時期になってもまだ

僕は毎年にように「冬の余韻」にも悩まされるものなのだ。

 
IMG20160511a

 

最初はいつだったろうか

27、8歳くらいの頃だろうか。

それまでは気にもとめていなかった「冬の余韻」が気になりだしたのは。

若い頃はどうしても目の前の事しか見えない部分もあったりして。

ただ前だけを見て、得る物を得ていたわけだけれど。

それでも春に感じる「冬の余韻」が、僕を苦しめもするし、助けもするのだ。

それを見つけた時の苦々しさというか、熟れていない生のアボカドにかぶりついたような、なんとも言えない感覚。

僕は「冬の余韻」を消し去りたい。

少しでも早く消し去りたい。

でもしかし、

「冬の余韻」は僕自身でもある。

僕が歩んできた軌跡が「冬の余韻」でもある。

そして、

この悪夢を打ち破るのもまた、僕自身しかできない。

一体、何度目の春か。

僕はまた

「冬の余韻」を消し去るべく、

決意新たに走り出すしかないのだ。

 
おわり

 

あとがき

IMG20160511

 
「横っ腹についた脂肪」の話。
書き始めた時はノリノリだったんだけど、急にテンションが下がった案件。
あるよね、あるある。
ブヒー。