読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもマイナーチェンジ!

普段の生活をほんの少しだけ便利で楽しくする情報を

自分に合うダイエットを探してませんか? それはもうやめましょう。

生活 生活-ダイエット

太ったり痩せたりを繰り返している広野です。

ダイエット開始から11日が経過しました。

とりあえずは淡々と続けております。毎日走ってます。

そんな話をすると、たまにこんな言葉を聞きます。

「ダイエットかぁ。自分に合ったダイエットを探してるんだけど、なかなか良いのないんだよねぇ。」

失礼ながら、それではいつまで経っても痩せないと思います。

 
IMG20160528

 

いいダイエットなんてない

僕は6年前に大減量ダイエットをしていますが、それまでは多少なりともいろんなダイエットをやってみました。 仕事が忙しくて夜もそれなりに遅いこともあって、あまり時間をかけずにできるような楽なダイエットばかりやっていました。 でも、思いも軽かったし、それほど気合も入れてなかったので、成果は全然でません。

俗にいう「いいダイエット」って、つまりは「楽なダイエット」なんですね。苦労せずに楽して痩せたいから、いろいろ探すわけです。

でもダイエットって結局は、摂取カロリーよりも消費カロリーを多くすることです。どんなダイエットでもここに辿り着きます。これを実現しようと思ったら、楽してなんてできないんですよ。

確かに、ごくたまに自分がガッチリと合う方法があるかもしれません。でもそれに巡り合うのはいつになるんでしょう。そんなことしてるうちに時間だけ過ぎていきますよ。

何かを得ようと思ったら、何かを差し出すべきです。これが一番シンプルな考え方。一方的にいい思いだけしようと思うから、なかなか成果がでないんです。

 

ダイエットの王道

僕は体重が物凄いことになっていよいよ本気でやらなければと思った時に辿り着いたのが、王道のダイエットでした。つまりは「運動」と「食事制限」です。

一番最初にやったのは、10分のジョギングをしつつ、晩御飯の量を半分くらいにしました。これを1週間ほどやったら2kg痩せました。やったー!と思い、嬉しくてジョギング時間を増やしながら続けていたら、毎週1kgずつ落ちていき、最終的には4ヶ月後には16kg痩せました。

どうしてこんなに痩せられたんでしょう。

理由は「結果が出たから」です。

ほぼ毎週、確実に1kg痩せるんです。多少の増減や停滞はあるものの、やればやっただけ確実に痩せていく。だから続いたんです。

やっても結果がでない事ってなかなか続きません。だってやってられなくなるじゃないですか。せっかく時間を割いてやってるのに。

流行りのダイエットって、ビタっとハマれば痩せることもあるんでしょうが、大抵はあまり運動をしないで痩せる方法が多かったりするんで、成果がでなかったり、でたとしても小さかったりすることが多いです。成果ってある程度はっきり見えないと分かりづらいじゃないですか。1週間で0.3kg痩せても誤差の範囲です。分かりにくいと、テンションも上がりません。

でも、王道の「運動と食事制限」をやれば、やったぶんだけ確実に痩せます。ダイエットって結局は、摂取カロリーよりも消費カロリーを大きくすることですから、食事制限で摂取を少なくして、運動で消費を多くすればいいだけです。誰でも分かる方法ですが、本当に一番確実な方法です。

痩せるか痩せないか分からない方法をいつまでも続けるよりも、多少大変でも絶対に痩せる方法をやったほうが続きます。繰り返しますが、結果が出ればモチベーションも上がりますので、続くんです。

それに、運動も食事制限も大変なのは最初の1〜2週間くらいのもんで、あとは慣れてしまいますから苦行でもなんでもないです。僕が一番言いたいのはここなんですよね。

人は慣れます!

自分に合った方法なんて探してる暇があったら、最初はちょっと大変でも王道の方法に慣れちゃったほうがいい。いい方法を探すんじゃなくて、いい方法に自分が合わせるんです。そっちのほうが簡単です。

 

徐々に慣らす

僕は一番最初にジョギングを始めた時は、10分だけでした。それを1週間続けて、慣れてきたら20分に増やしました。最終的には60分まで増やしてます。

有酸素運動はよく20分以上やらなければ痩せないとか言いますけど、僕の場合は10分でも痩せましたよ。まぁかなり太ってたというのも大きいですけど、いままで全然運動をしてない人なら、ちょっとの運動でもかなり強度の高い運動になるので成果が出やすいと思います。10分走っただけで足が筋肉痛になりますからね。

もちろん20分以上できればベストですが、心肺能力は人それぞれなので、自分が走れる範囲で少しずつ慣らしていけば良いと思います。

 

運動と食事制限は両方やる

もうひとつポイントは、これ、どっちか片方だけだとなかなか痩せません。少なくとも僕はそうでした。

運動だけ一生懸命やっても、好きに食べてたらカロリーオーバーになります。運動してるんだから少しくらい、なんて甘い考えも出てきたりして良くないです。

食事制限だけでも僕の経験上はほとんどダメでした。今は糖質制限ダイエットとか流行ってますね。気長にやるならこれでもいいんですが、これだと成果が小さいのでモチベーションが続きにくいです。減ってるんだか減ってないんだけ分からないと僕はダメなんです。本当は月に1〜2kg減が一番リバウンドが少ないとか言いますが、そんなに気長にやってられないと言うか、それなりのペースで痩せたいわけです。そうなると、食事制限だけだと弱い。若いうちならまだしも、歳をとってくると、太りやすく痩せにくくなりますから。

例えば、600kcalを運動だけで消費しようと思ったら、1時間くらいの有酸素運動が必要です。でも、これを食事制限も合わせてやれば楽になります。ご飯一杯で220kcalくらいですから、晩御飯だけ米を抜くのもいい選択。1日3食きちんととっていたとすれば、1食当たり100kcal減らせられれば、300kcal抑えられる。そうすれば、運動をする時間は半分の30分でいい計算になります。こっちのほうが断然ラクチン。

ひとつの事だけで成果を出そうとすると大変です。方法を分散させれば、ひとつひとつの負担も軽くなるので、より続けやすくなるし、より強度を上げたダイエットをする時にもやりやすいです。

 

まとめ

  • 楽していい思いだけしようと思ってるうちは痩せない。
  • ダイエットは王道が一番。誰がやっても確実に成果が出て、モチベーションを維持しつつ継続できる。
  • 大原則。摂取カロリーよりも消費カロリーを多くする。
  • その王道が「運動」と「食事制限」
  • どちらか片方じゃ結果を出すのが大変。両方同時にやると結果が出やすい。
  • 辛いのは最初だけですぐに慣れる。方法をいろいろ探すよりも、やって慣れたほうが確実。

 
当たり前の事を当たり前に言ってるだけなんですけれども。

どうせやるなら絶対に結果がでる確実な方法でやるのがオススメです。

まだまだ書きたいことはありますので、日を改めて随時書いていきます。

 
▼続きの記事はこちら。
体重計をケチっちゃいけない。このデータがダイエットを左右する。 - いつもマイナーチェンジ!