読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもマイナーチェンジ!

普段の生活をほんの少しだけ便利で楽しくする情報を

3ヵ月半のダイエット終了! 13kg痩せた先にあるもの。

生活 生活-ダイエット

この歳になっても、トイレに行く時に大便とオナラの区別がつかない広野です。

さて!

長かった本気ダイエットが終了しました~!

5/18から始めて3ヵ月半。

今回はひとまずの区切りの報告記事でございます。

 
IMG20160831

 

これまでのダイエット進捗

日付 体重 皮下脂肪率 骨格筋率 体脂肪率 BMI
5/18 79.2kg 18.1% 31.2% 25.7% 26.6
5/24 77.9kg 18.2% 31.0% 26.0% 26.2
5/31 78.4kg 16.9% 32.0% 23.9% 26.3
6/7 75.9kg 16.3% 32.2% 23.2% 25.5
6/14 76.1kg 15.5% 32.9% 21.9% 25.6
6/21 74.5kg 15.0% 33.2% 21.2% 25.0
6/28 72.9kg 14.4% 33.5% 20.3% 24.5
7/5 72.9kg 14.7% 33.2% 20.9% 24.5
7/12 70.1kg 13.6% 33.9% 19.2% 23.6
7/19 70.0kg 13.3% 34.0% 18.9% 23.5
7/26 68.5kg 12.4% 34.6% 17.5% 23.0
8/2 68.8kg 11.9% 35.0% 16.7% 23.1
8/9 68.1kg 12.3% 34.6% 17.3% 22.9
8/16 68.3kg 12.7% 34.3% 18.0% 23.0
8/23 66.6kg 13.0% 33.5% 18.7% 22.4
8/24 67.2kg 13.2% 33.5% 18.8% 22.6
8/25 67.1kg 12.4% 34.1% 17.6% 22.5
8/26 67.3kg 12.7% 33.9% 18.0% 22.6
8/27 67.1kg 12.8% 33.8% 18.2% 22.5
8/28 66.8kg 12.9% 33.6% 18.5% 22.4
8/29 65.8kg 12.5% 33.9% 17.9% 22.1
8/30 65.6kg 12.2% 34.1% 17.4% 22.0
8/31 66.2kg 12.4% 34.0% 17.7% 22.2

 
通算すると、

体重は 13.0kg減!(79.2kg→66.2kg)

皮下脂肪率は 5.7%減!(18.1%→12.4%)

体脂肪率は 8.0%減!(25.7%→17.7%)

BMIは 4.4減!(26.6→22.2)

 
うん、予定どおり、なかなかの成果ではないでしょうか。

最初に宣言したとおり、おおよそ1週間につき1kg痩せているペースですね。

具体的なやり方は過去記事で書いてきましたが、基本的には「運動」と「食事制限」の王道ダイエットです。

王道はいいですよ~。

なにせ、「誰でも」「確実に」「やればやっただけ」、痩せることができますから。

詳しく知りたい方は、文末にダイエット記事のリンクを貼ってありますので、そちらからどうぞ。

 

痩せた先にあるもの

10kg以上痩せた場合、どのような変化があるんでしょうか。
痩せたいと思っている方へ向けて、僕の場合を簡単に書いておきます。

スーツが見苦しくない

太っている時には、正直、スーツってあまり着たくありません。 とは言っても、仕事着であれば着ないといけないのですよね。 んで、太ってる時のスーツってだらしなく見えるじゃないですか。特にズボンのずり落ち具合が。
腹が出てるとベルトを締めてもズボンが落ちてきますよね。男の肥満はまず腹にきますから、太ってる人の多くはここを気にしてる人が多いと思います。 女性の場合は、太腿や二の腕あたりでしょうか。ここの露出があると嫌なものかもしれません。

でも、痩せると見苦しいことなくピシッと着ることができます。ルックスは変えられないですけど、体型は変えられます。これだけでだいぶ違うもんです。

Tシャツが着られる

太っている時、僕はあまりTシャツ1枚で出かけません。 なぜならば、胸や腹のシルエットがはっきりでて見苦しいから。
夏の暑い時期でも、Tシャツの上に半袖のチェックシャツ等を重ねて着ることが多かったです。こうすればシルエットがあまり目立たずに済むので。 僕もいい歳なので、モテたいとかはさすがにないのですが、太ってるシルエットが目立つだけで清潔感もあわせて下がる気がします。

でも、痩せればそれは解決。

だらけを抑える意識がでる

特に食欲に関して。
太ってると、食べたいものをそのまま食べてしまいがちです。 だって、もともと太ってるんだし、ちょっとくらい食べて太っても大した変わらないじゃないですか。 食べたいから食べるんだ!みたいな決意まで出てきたりしてタチが悪いです。

でも、痩せると自然とそれを抑える方向で考えます。 だって太ったら直接的にビジュアルに響きますから。スリムな人が太るのと、太ってる人が太るのとでは、太ることに対する警戒度が違うんです。

もうひとつ付け加えると、食にだらしないと、つられて生活全般もだらしなくなりがちです。少なくとも僕はそうでした。 なので、痩せることは、普段の行動に対するだらけ防止効果もあります。

食費が抑えられる

これは上の内容と多少かぶりますけれど。
普段からいろいろ食べちゃうと、トータルすれば結構お金も使ってるんですよね。おやつやらデザートやらプラス一品やら大盛やら。 前述したとおり、こういう細かな食欲は抑える方向で意識が働きますから、併せて食費も抑えらえるわけです。
お財布にも優しいのですよ。

社内でダイエットマスターになれる

ダイエットってよく話題になるじゃないですか。
かなり多くの人が興味ある話題です。
10kg以上も痩せてると、会社の中でもほとんどの人がビジュアルの変化に気づきます。みんなから一目置かれます。ダイエットと言えばあの人!というイメージができます。

足が組める

普通の体系の人からは想像できないでしょうが、太ってると足が組めません。 組めたとしても、油断するとすぐにズリ落ちてくるので落ち着きません。
だからなんだと思うかもしれませんが、足を組めるって、太ってた人が痩せたことを実感できるものの一つなんですよ!

座ると尻が痛い

今までおしりについていた肉がごっそり落ちますから、椅子に座ってると骨が当たっておしりが痛くなります。 クッション性のある椅子に座ってても痛い。
これ、慣れるまで結構かかるんですよねぇ。まぁ痩せた証拠なので、嬉しい悲鳴ではあるんですけれども。

 

大事なこと2つ

実は、先ほど挙げた内容は些細な事でして。
大減量ダイエットをすると『本当に大切な2つの効果』を得られます。

健康的な体になる

太ってると、健康診断でも血中資質やらメタボやら、いろいろ赤信号が出てきます。
僕も一時期は「要精密検査」までいきました。
でも、痩せると肥満に関連するそれら診断結果がほとんど全て良い数値に変わります。本当にびっくりするくらい。
痩せるためには日頃の生活習慣も大幅に改めなければなりませんが、そうやって良い方向に変えた結果は、健康診断時に数字で見るとほんとに報われますね。
今年の僕の診断結果は、血中資質だけはまだB判定でしたが、それ以外は全てA判定でした。
歳をとってくると、ビジュアル面よりも、ここが一番大事に思えます。

正常な生活習慣になる

「運動」と「食事制限」という王道ダイエットを愚直にやるということは、これまでのだらけた生活を改め、正しい生活習慣で過ごすということです。
それをしばらく続けるとどうなるか。
いろいろな気付きがあります。
「普段がいかに運動不足だったか」「野菜を摂ることの大切さ」「外食の驚異的なカロリー量」「お腹いっぱい食べなくても意外と平気なこと」などなど。
人から聞くだけじゃなくて、自分で経験すると実感として持てます。
誰かに押し付けられたものじゃないので、自然と心に入ってきます。
だから、ダエイット中にやっていた生活をそのまま応用して継続しやすいわけです。
辛いダイエットを我慢してやり続けた場合はこの限りではありませんが、適正な方法でやったダイエットは悪い生活習慣を心の底から反省し、良い習慣へ改善する力があります。

 

これから痩せようとする人へ

繰り返しになりますが、

健康ってほんと大事。
これを損なうと全てがダメになります。

体に不具合が出ると仕事もできなくなるし、人を助けることもできなくなります。 逆に言うと、体さえ動けば、大抵のことは何とかなるもんです。

人は体が資本です!

健康なときはあまり気になりませんが、失った時に痛感する健康の大切さ。 後から後悔しないために、自分でできる一番シンプルな対策が「痩せること」です。

もちろん無理なダイエットはオススメしませんが、自分のためにも、家族のためにも、少しずつでいいので痩せることを勧めます。

 

あとがき

もうちっとだけ続くんじゃ(→筋トレ編

 
 
▼ダイエット記事を最初から読むなら、ここからどうぞ。
ダイエットを始める理由は2つ作る。それだけで行動にうつる確率が変わります。

▼ランニングウォッチがあるとジョギングが楽しいですよ!
ガーミンのランニングウォッチ「ForeAthlete 235J」の6週間使用レビュー。運動強度が分かるって素晴らしい。

▼ダイエットするなら体重計はちゃんとしたものを!
体重計をケチっちゃいけない。このデータがダイエットを左右する。

▼走るならシューズ選びは重要です。
ランニングシューズの選び方。アシックスで足型測定してもらおう!