いつもマイナーチェンジ!

普段の生活をほんの少しだけ便利で楽しくする情報を

今更だけど「Lifeline...」が面白かった。AppleWatchならではの楽しみ方ができるゲームだね。

もう1年以上前に出たゲームなので、今更感はあるのですが。

初めてやってみたら面白いゲームでしたよ、「Lifeline...」。

僕は普段はあまりスマホゲームはやらないのですが、なんとなく惹かれたんですよね。

だって、評判が「AppleWatchでこそ面白い」でしたから。

実際、そのとおりでした。

 
DSCF1568

 

どんなゲーム?

IMG_0667

基本は会話形式のアドベンチャーゲームです。

タイラーという若い男からメッセージを受け取るところから物語は始まり、彼との会話で、行動に対してのアドバイスをすることでストーリーが進んでいきます。

 
 
IMG_0668

ノベルタイプのアドベンチャーってやつです。

こんな感じで会話を交わしながら進めていきます。

 

このゲームの特徴

IMG_0674

このゲームの特徴は「待ち」があることです。

普通のアドベンチャーゲームだと、やり続けていればずっと話は進んでいくじゃないですか。

そうじゃなくて、会話を進めていくと、相手が行動をしている間はゲームが止まります。

上の画面のように [ 取り込み中 ] と表示され、ここからしばらくはゲームが進みません。

そして、しばらくすると相手から連絡がくるわけです。

 
 
IMG_0675

AppleWatchをしていると、こんな通知が来ます。

この「間」が、このゲームの面白さなんですよ。

ゲームだからといって自分でどんどん進められるわけじゃなくて、相手のタイミングで相手側から連絡があるまで、どうなったかは分かりません。

そうすることで、実際に彼とリアルにやり取りしている感じがするんですね。

単純だけど、よく考えらた工夫です。

この待ってる時間が結構様々で、数分のこともあれば、内容によっては日をまたいで朝になったりと、地味にリアルです。

「この後、どうなったの?」

「早く連絡よこせ!」

なんて、ヤキモキする気持ちが出てくるわけです。

でも、こっちから連絡もできないし、待つしかない。

待つのもゲームのうちっていうの、結構いいです。

 

一応、「待ちなし」の高速モードもあるが.....

一度クリアすると、設定で「高速モード」が選択できるようになります。
これは「待ち」が発生しないで、どんどん話が進んでいくモードです。
ただ、これはお勧めしません。

このゲームが面白い一番のポイントは、待ちも含めた臨場感あるやりとりです。
単にストーリーを進めるだけなら普通のアドベンチャーゲームをやればいいんです。

先が気になるじれったさも含めて、気長に通常モードでプレイすることをオススメします。

 

クリアした感想

あまりやったことのないタイプのゲームでした。

ストーリーを楽しむというよりも、やり取りを楽しむ感じのゲームです。

ボリュームもそれほど長くはなく、普通にやってれば3日もあればクリアできるかと思います。

純粋なアドベンチャーゲームとして考えれば、ボリュームの小ささや、分岐の少なさ等に不満がでるでしょうが、そういうゲームじゃありません。

ゲームに集中して楽しむものじゃなくて、「普段の生活をしながら、主人公であるタイラーとのやり取りを楽しむゲーム」だと思います。

iPhoneでも楽しめますが、やるならばやっぱりAppleWatchでプレイするのが良いですね。

逆に、AppleWatchを持っている人ならば、ぜひプレイしてみるのを薦めます。

有料アプリですけど、お手頃価格ですし、十分楽しめると思います。

 

Lifeline...

Lifeline...

  • 3 Minute Games, LLC
  • ゲーム
  • ¥240