読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いつもマイナーチェンジ!

普段の生活をほんの少しだけ便利で楽しくする情報を

Excelで文章の後半をマウスで範囲選択して消そうとしたら、選択が反転して消したくない前半のほうが消えたぁぁぁあぁ、ぬおおおぉおぉお、クソがぁぁああぁああ!の対処方法。

タイトルが取り乱してますが。

会社でExcelに文字入力していた時、かなり高確率で発生していたイライラ案件がありました。

こういう事ってありませんか?

 
IMG20170128f

▲文章の後半を消したい時ってあるじゃないですか。

 
IMG20170128c

▲その時、マウスを操作して、こうやって範囲選択してDeleteキーを押したりするじゃないですか。

 
IMG20170128d

▲でも、Deleteキーを押す直前に、いきなり選択範囲が反転して、こうなって。

 
IMG20170128h

▲前半部分が消えたぁぁあああ、ぬおおぉぉおおおお、くそがああぁあぁあああ!!!

 
 
これの対処方法を書きます。

 

範囲選択が反転してしまう原因

ポイントは、どうして範囲選択が勝手に反転してしまうかってことでですよね。

つまりこういうことなんです。

IMG20170128e

▲まず、選択開始位置をクリックしますよね。

 
 
IMG20170128e 2

▲そこから、クリックしたままマウスカーソルを真下に移動させてみて下さい。

 
 
IMG20170128c

▲すると、クリックした位置から文章の最後まで選択されましたね?

 
 
IMG20170128e 3

▲では、次に、同様に選択開始位置をクリックして、そのままマウスカーソルを真上に移動してみて下さい。

 
 
IMG20170128d

▲すると、今度は逆に、文章の最初まで選択されましたね?

つまり、

選択開始位置から、マウスカーソルを下に移動すると後半選択、上に移動すると前半選択になるわけです

 
 
IMG20170128e 4

▲文章を範囲しようとする時、たぶん多くの人は、開始位置からマウスカーソルを右へ移動していると思います。

 
 
IMG20170128e 5

▲でも、右へ移動しているようで、実は微妙に右上に移動していたりするわけです。

 
その「微妙な上」をマウスが検知して、「上に移動したから前半選択!」と判断されてしまって、選択範囲が勝手に反転したように感じてしまうんですね。

選択範囲が反転する原因

  • カーソルを右へ移動しているつもりが、微妙に上に移動していたため。

 

対処方法

対処方法といっても、もう答えは書いてしまいました。

 

IMG20170128e 2

マウスカーソルの挙動によって選択範囲が変わるのは「Excelの仕様」ですので、これを理解した上で、そのように操作すればいいんです。

範囲選択する際に、右へスーッと移動させていたのがトラブルの原因だったわけですから、それをやめましょう。

文章の後半を範囲選択する方法

  • 範囲選択する場合、後半まで選択したい場合はカーソルを真下へ移動しよう!

 

あとがき

IMG20170128g

操作って慣れですので、最初はちょっとだけ違和感があるかもしれませんが、慣れてしまえば、もう勝手に反転することはなくなります。

僕自身も、以前にこの方法に切り替えて以来、ぬぉー!ってのがなくなりました。

ぜひやってみてください。